キエフの教会に行ってみたら、インスタ映えしそうだった。

Sponsored Link

晴れた空に映える青色教会

天気が良かったので、キエフの街をぶらりしつつ、独立広場からも程近い、“聖ミハイールの黄金ドーム修道院”へ。

ホントに目と鼻の先にある聖ソフィア大聖堂と、大体の人はワンセットで行くと思うのですが、ナンの下調べもしていなかったワタクシは、全く別の日に訪れちゃいました(笑)。聖ソフィア大聖堂を訪れた話は以下からどうぞ~。

むにゅ・にょろ~なキエフの世界遺産を旅する

とりあえずキエフの町中を歩きつつ、教会に向かってみます。 ってか、今回の旅って、ブダペストもスペインも、ほとんど観光スポットを歩いていないので、何だかそれだけで新鮮と言う、そんなダメっぷりを、今更ながらに感じつつ。 まずは聖ソフィア大聖堂(Saint Sopthia Cathedral)へ。 …

聖ミハイール。
ミハエル?
ミカエル?と思ったら、ミカエルのウクライナ語読みみたい。

教会らしからぬ鮮やかなブルーがお出迎え。

11世紀に建てられた修道院なのですが、当時のソ連によって1936年に破壊。

ウクライナとして独立後の1998年に再建したモノなので、まだ再建後、そんなに年月が過ぎていないから、こんなに鮮やかなんですかね。

黄金のドームのにょろっとした感じと、鮮やかな青い色が空に映える。

“インスタ映え”しそうな教会とでも言ってもイイのかも。

まぁ…
ボクのインスタは現在地がマナウスですけれどもね、ブラジルの(笑)。

それにしても、何だか修道院にいる気が全くしなくて、どちらかと言うと、何かのテーマパークにでも迷い込んだかの様な、そんな気持ちに陥りますが、れっきとした修道院です。

生首が飛んでいる様にしか見えないけれども、ちゃんとした修道院です。

元からこんな色していたのかな…なんて、ふと思うけれども、どうなんでしょうね。

そう言えば、日本の寺社仏閣って、金や朱色と言った派手な色合いを持つ所はあるけれども、青系統の色を持つ所がないのは、どうしてなんだろう。

まぁ、青い寺や神社なんて見たいか?と問われると、そうでもないけれど、1ヶ所ぐらいあっても宜しい様な気はする。

因みに、この修道院は、拝観料が無料。

物価が安いウクライナではあるけれども、やっぱり“無料”と聞くと、限りなく嬉しくなるのは、根っからの貧乏性と言うコトなのだろうか。

アンドレイ教会はカッコ良さのあるドーム屋根

そこから、しばらく歩くとポチポチとアート系の露店が。

色々と絵が売っていたりする露店を過ぎると、聖アンドレイ教会が見えてきた。

 

おおっ。

何だか、かっちょいい。

てっぺんはやっぱり他の教会建築同様のむにゅっとした形状のドームなのだけれども、他とはまたちょっと違って、引き締まって見えるのは、色使いから来るのかな?

入場券を買って、一応、中に入ってみる(10フリブニャ)。

ちょっとした丘の上に建っている教会で、めっちゃ小さい。
だけれども、そこからはドニエプル川がスパーンッと見える。

でも、ぶっちゃけて言うと、中に入れなかったので(時間的な問題なのかも)、それだけやったけれど。

ってか、敷地も広くないし、敷地の中に入らなくても良かったかも。
まぁ、10フリブニャと言う破格の安さなので、別に文句は言えないんだけれど。

キエフ随一の土産物通りは、坂だった。

教会から独立広場とは逆の“アンドレイ坂”と呼ばれるエリアは、キエフ随一の土産物屋街になっていて、ぶらりと眺めながら歩いてみる。

ってか、わざわざ坂で土産物露店を広げなくてもイイのに…と、正直な所、思ったりする。

石畳だし、そんなに歩道も広くないし、それでいて結構、急な坂だし、どう考えても、もうちょっとマシなエリア、あるやろって言う気になる。

しかも独立広場とは逆の方向に下る坂だから、考えただけでも、広場まで戻るの、面倒やし。

ちょっとした小物からアンティーク調のシロモノ、旧ソ連系の国々には必ずあるマトリョーシカ、そして絵画と縫い物。

結構、品ぞろえが多種に渡っていたので、見ている限りは面白かったし、強引な客引きとかも皆無なのは良かったんだけれど、そこまで惹かれるシロモノもなく…

そして、坂を下り終えると、また街の風景がちょっと変わって、旧ソ連系と言うよりも、少しカラフルで整えられた建物がちらほらと出て来て、キエフの街並みがビミョーに変わった感じは面白かったけれど。








にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。