しあわせの中身。

Sponsored Link

旅をしまくった後で

さて…

ゴールデンウィーク前にめでたく無事に帰国した訳ですが、ココまで約3ヶ月ぐらい。

日本に帰って来て、一体、何をしているの?
日本に帰って来て、思ったコトは?

今日は、そんな話(の多分、第一弾)。

ひとまず2016年から2017年に掛けては、

  • キューバ+ちょっとメヒコ
  • 弾丸でソウル
  • モーリタニア+モロッコ
  • 中央アジア+タイ
  • 南アメリカ周遊
  • バンコク

と、旅しまくっていたワタクシ。

ってか、大西洋を渡っていないだけで、飛行距離だけならば、完全に世界一周になっているのでは…と、自分でも思う。

と、同時に、“さすがに金が続かないわ”と実感。

まぁ、それぞれの旅に航空券も掛かっているし、そもそも家にほとんどいないのに、家はそのままにしているので、家賃も掛かっていますから(旅で出会った人にはコレが一番、驚かれるんだけれども、敷金や礼金や手間を考えると1年ぐらいの旅ならばそのままでも悪くないと思ってしまう自分がいます)、埼玉の片田舎に住んでいると言っても、結構な負担額にはなっちゃうんですよね。

こんなコトならば、働いている時に、家でも買っておけば良かったかな…なんてコトすら思ってしまうけれど(笑)。

さすがに、ちょっと働かないと厳しいなぁ…なんて思ってしまって、ちょこちょこと働き始めました。

ちょこちょこと…

そう思っていたのですが、最近は、がっつり働いている感じがあって、不規則ながら、週6日勤務が何気に続く時もある。
別に、正社員でも何でもないんだけれどもね。

週6日。
それだけ働いていると、やっぱり否応なく、“日本に帰って来たんだなぁ…”なんて思ってしまいます。

順応出来ているかは別として。

あの余りあるぐらいに時間をもてあそんでいた旅の日々から一転した生活で、“働くコト”が1日のメインに来る日々。

“働く”と言うコト。

それは嫌いじゃないんだなぁ…と、改めて思う。
そここまでクリエイティブなコトをしている訳でもナイし、誰でも出来るコトを、淡々としているだけなんだけれども、それでもやっぱり誰かと関わって働くと言うコトは、楽しいコトなんだ…と。

幸せって、一体、何なのか

でも、3ヶ月ぐらいが過ぎて、ふと思う。

お金がなくても、時間がある方が幸せなのか。
それともやっぱりお金がある生活が幸せなのか。

旅から帰って来たばかりの人ならば、やっぱり“時間がある方が幸せ”と答えるのかも知れない。

所詮、お金なんて“紙切れ”だから、と。

でも、世間一般で世の中を生きて行こうとすれば、お金と言うモノは必要不可欠なシロモノ。
そして、“ただの紙切れ”と言えてしまう程に、吹っ切れない自分もいる。

個人的には、やっぱりコレがあまりにも不足している生活も、幸せとは思えなかったりする。

極論じゃない。
どちらかに偏る話でもナイ。

Work。
そして、Life。

肝心なのは、そのバランス。

日本で生きていると(大企業に勤めている人とかは別なのかも知れないけれど)、そのバランスを取るのが、案外、難しい様に思う。

働いているばかりの日々ではなくて、自分の時間も大切にしていきたいと思えてしまうし、地に足を付けて働くのであれば、そうした環境が入社してすぐには難しくても、数年が過ぎたら実現出来る様な所で働きたいとも思う。

それは別に残業がない会社とかじゃなくて、OnとOffの区切りをしっかりと付けられる場所を求めたい。

そう言うコトなんだと思う。

口で言うのは簡単な話。
でも、日本の社会でそれを実践しようとすると、何故か、ムショーに難しくなる話。

だけれども、Offの時間がしっかりとあるから仕事が楽しめる。

そんな循環を描きたいな…と、うっすらだけれども、そう思う。

ちゃんと正職で働いている訳じゃないし(その前にそんな場所があるのかどうかも怪しい所だけれど)、そもそも正規で雇われるのだけが仕事の仕方でもなくなってきている昨今、どう言う形でこれからの生活を描いて行くのか…と考えた時、やっぱりそこそこのバランスが欲しいなぁ…と言う自分がいるし、そう言う時間の流れが、今はある。

それはがっつり働いていた旅立つ前にはなかった時間の流れ。

でも、とりあえず旅に出れて、満喫出来て、ひとまず生活出来ている今は、幸せなんだなぁ…と我ながら思ったりはするけれど。

まぁ…
これからのコトも、ボチボチと考えないとなぁ…とは思うけれど。




おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください