この夏おススメの旅先3選―ラストはキューバ!ー

Sponsored Link

“2018年夏のおススメの旅先”も最終回の第3弾。

3つ目、何処を挙げようかとても迷ったのですが、キューバにしました。

いや、かなり迷ったんですよね、この3カ国目だけ。

キューバ。
ってか、ずっとこの国、“今が行き時!”と言われ続けている様な気がしなくもないですが、懲りずに2018年夏のおススメに挙げます!

革命第1世代が政権トップから退いた2018年のキューバ

そもそも、ですが、ここ数年来、キューバが“今が行き時!”と言われ続けているのは、単に政治と国際状況によるモノだったりします。

フィデル・カストロ元議長がお亡くなりになって、その後、アメリカとの関係が改善。

そして、2018年4月には、フィデル・カストロ元議長の弟であり、キューバ革命の第1人者であったラウル・カストロ氏が議長職を退きました。

ラウル・カストロ前議長。

キューバ革命第1世代であり、立役者の1人。
その人がいよいよ引退した訳で、後任のディアスカネル議長はキューバ革命の後の1960年生まれ。

世代交代が一気に進んだと言うコトになります。

後任のディアスカネル議長は、ラウル・カストロ前議長からの路線を継続する体制と言われているので、今回のラウル氏が引退したコトで、何かが一気に変わると言うコトはナイと思われている。

それでも第1世代がトップを退いたと言う出来事は大きい。参照:ラウル氏、議長引退でカストロ兄弟体制終焉!

キューバだって、変わる。

それは当たり前。

でも、旅人がキューバに求めているのは、エゴだけれども、“変わらないキューバ”。

クラシックカーが走り、社会主義を前提とした国家体制(正しくは共和制国家ですが)。

いつ変わってもおかしくないと言うのが、正しい所なのだろう。

あるモノがなくて、ナイものがあるキューバ

キューバの見どころ。

それはやっぱり日本で当たり前にあるモノがナイと言うコト。

マクドナルドもスターバックスも、もちろん、ない。

1970年代にアメリカや旧ソ連製の車が、今も大切に修繕されては町を現役で走っている。

そんな国、もうココ以外では地球の何処を探しても、見当たらない。

他の国だって、ホントはそうなんだけれども、このキューバの唯一さと言うのは、ずば抜けている様にしか思えなかったりします。

さらに、コロニアルな街並み。

いや、それは単に、修繕が行き届いていないだけとも見えるけれど、それでも、それが似合うと思えてしまうのが、キューバ。

参照:ハバナの旧市街ってヤツ

ビーチも豊かなキューバ

コロニアルなキューバ。

日本にいると、どうしてもそう言うキューバのイメージが強くなって来ますが、実は自然も豊かなキューバ。

何と言っても、「海がきれい」。

カリブ海らしい突き抜ける様な空と白い砂浜と、透き通る様なコバルトブルーの海の色。

バラデロに代表される様な、ちょっとリッチなリゾート地があったりもしますし、島国なので、結構、色々な街にビーチがあったり。

天気も年がら年中、温暖な気候なので、ハリケーンが発生しない限り、泳ぐコトが出来ると言うのも、嬉しい限りです。

安くて、高いキューバの物価

物価的には、“安くて高い”のがキューバの特徴。

と言うのも、キューバは2種類の紙幣制度を持っている国。

1つは、キューバ国民が利用している「CUP(ペソ・クバーノ(人民ペソ))」。
そしてもう1つが外国人向けの「CUC(兌換ペソ)」。

1CUC=1US$で、1CUC=25CUP。

慣れるまでこれがややこしいのですが、CUCを使いこなせるようになると、一気に激安国家になるのがキューバの特徴だったりします。

ただ個人的には、キューバの人は、色々と制約があって、CUPを利用するのに、我々何も制約のナイ観光客が訪れて、CUPを使って安いから喜ぶ…と言う図式は、軽い抵抗があったりはしますけれどもね。

それにやっぱりCUPを使うお店は、それなりのクオリティにもなりますが。

ただ、CUPの紙幣の3CUP札には、チェ・ゲバラが描かれていたりして、それをゲットしてお土産にしたりはしていましたけれど。参照:キューバの2つの貨幣

キューバへのアクセスは不便じゃない

“キューバ”と聞くと、ちょっと行きにくいイメージがあるかも知れませんが、実は、そこまで不便じゃないと言うのも、特徴でしょうか。
便利なのは、メキシコかカナダ経由。

スカイスキャナーで東京~ハバナで調べてみると(2018年8月1日出発→8月31日帰国)、

・アエロメヒコ:207,756円
・エアカナダ:252,140円

さすがに、良いお値段になって来ますね。



ただこれをサンフランシスコ発着にすると…

・ユナイテッド航空:43,850円
・デルタ航空:44,929円

ロサンゼルス発着にすると…

・アエロメヒコ:42,496円
・ユナイテッド航空:52,550円

ぐらいになるので、アメリカ西海岸まで、他に安い航空券を探して(大体、10万円ぐらい)、別刷りで発券した方が、ちょっと安くなる計算になりそうです。



旅人が求めているのは、変わらないキューバ。

でも、変わらない国なんてない。

だからこそ、今、キューバ。

「やっぱりキューバ♪」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。