タイでお得に両替するなら、この方法!

Sponsored Link

タイは何度となく来ているのですが、その度に余ったタイバーツは余らせたまま帰国して、次の訪タイの際に利用する様にしているのですが、それでもやっぱり両替は必須。

でも、何気にタイの両替ってレートが、お店によって違ったりします。

まぁ、正しく書くと、別にタイに限った話ではないんですけれどもね。

タイでお得に両替するならスーパーリッチ!

現金からの両替は、やっぱりスーパーリッチ1965が強いです。

スーパーリッチ1965だと、空港にもブースがあるのですが、この空港のブースが分かりにくいandやや離れた場所にあるのがポイント。

スワンナプーム空港だと、エアポートレイルリンクの改札近くにあると思って下さい。
逆に言うと、空港のターミナル内の両替は、両替所同志の協定があるので、めちゃめちゃレートが悪かったりします。

例えば、空港の改札近辺にあるスーパーリッチで100ドル札で両替をすると3,300バーツ近辺の所、ターミナル内の両替所だと3,200バーツにすらならなかったりします。

たかが100バーツ。

でも、バンコクで100バーツあれば、全然、屋台でご飯が食べれますからね。

オレンジ色の看板が目印で、空港のほか、市内にも何店舗かお店を持っていて、この写真は、アソークの駅にある(ターミナル21に直結する出口にある)お店。

因みに、このスーパーリッチですが、“スーパーリッチ1965”や“スーパーリッチ タイランド”やら“グランドスーパーリッチ”とか、色々なスーパーリッチがあります。

オレンジ色のは1965だけなのですが、他の“スーパーリッチ”も、総じてレートは良いです。

伊勢丹の近くにいっぱい固まってあるので、サイアムやチットロム駅近辺に遊びに行った時は、利用されるとお得になるかと。

他にスワンナプーム空港の改札近くやシーロムにお店を持っている“Value Plus”もレートは良い感じだったりします。

ただし、気を付けなければいけないのは、両替する紙幣によってレートがちょっと違うと言う点でしょうか。

ドルだとやっぱり100ドル紙幣が一番で、その次が50ドル紙幣…と、桁が大きい紙幣程、レートが良くなると言うのは、覚えていたい所ですね。

また、結構、色々な国の通貨とも両替が出来るので、周遊している人とかは覚えておいても良いのかも(レートは良くないけれど)。

JCBによる海外キャッシングもおススメ!

さて、この他におススメなのがクレジットカードによるキャッシング。

知られているのか知られていないのか、ちょっとビミョーな所なのですが、実はタイのバンコク銀行でJCBカードで海外キャッシングをすると、ATM使用料が掛からなかったりします。

クレジットカード会社から請求される為替手数料やATMキャッシング利用料も掛かったりしないので、ホントに掛かるのは、利息だけ。

そこが現金などとの違いですが、早期の繰り上げ返済が可能ならばお得感があります。
ただ多くのカードの場合、繰り上げ返済は日本のセンターのみで受付していると言う所が多いのが、難点ではありますけれどもね(また、レートはスーパーリッチで現金から両替した方がお得ではあります)。

因みに、タイで他のクレジットカードによるキャッシングをしようと思うと、大体、200バーツ前後のATM使用料が掛かります。

タイで200バーツ。
ざっくり計算で6ドルぐらい。

って、南米並みです。

物価のそこまで高くない国で、この使用料が掛かるのは大きいと言わざるを得ないデス。

ボクの場合、プライオリティパスをゲットするために作成した楽天プレミアムカードがJCB仕様だったので、こうした恩恵に預かれるコトが出来ましたが、JCBって、仁川~ソウル市内の鉄道アクセスの無料券を出していたり、日本人が多く行く国だとちょっとしたポイントがあるんですよね…





おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください