ピンクのガネーシャ以外はテーマパーク (1)

Sponsored Link

さて、このピンクのガネーシャがいる“ワット・サマーンラッタナーラーム”。

ピンクのガネーシャ以外の主な見どころは、これまでに書いて来た通りなのですが、日本人的には、ある意味で他の見どころもあって、“テーマパークかよっ”と、突っ込みたくなるレベルだったので、触れない訳には行きません。

ドラえもんにパーマンがいる寺!?

どんな見どころが!?と言うと…

まずは…

ドラえもん、万歳!!

ドラえもんが、境内の至る所にいます。

ってか、著作権、大丈夫!?なんて野暮な質問すらする気が失せる程に。

でも、ドラえもんだけじゃなくて、写真の様に、スネ夫やジャイアンもいます。
いや勿論、のび太くんやしずかちゃんもいます。

ってか、ドラえもんとのび太はまだ考えられるんだけれども、スネ夫やジャイアン、しずかちゃんを含めて、ドラえもんの主要キャラが全員集合しているのは、珍しいんじゃないかなって気になる。

タイでもドラえもんは知られているのは、知っていましたが、思っている以上に知名度があると言うか、人気があるって言う証拠なんでしょうかね。
↑の写真で、記念写真を撮って貰っている男の子も、スネ夫と一緒に撮って貰っているぐらいですしね。

ってか、昨日の記事で書いた蓮の花の前にも、ででーんっとドラえもん。

コレで…

良いのか、このお寺。

ってか、日本では考えられないぐらいのキャラだらけ。

何を思って、ドラえもんなんだろう…

ココは、タイなのに。

って思っていたら…

パーマンもいました。

ってか…

パーマンって、今の日本の幼い子供だと、もう分からないんじゃないって言うぐらいですけれどもね。

思わず、パーマンっていつの時代のマンガだったっけ…?と、アニメの放送時期を調べてみたら、テレビシリーズは2作、放送されていて、1作目が1967年4月~1968年4月まで。2作目が1983年4月~1985年7月までだったみたいです。

さすがにアラフォー世代ですが、1作目はそんなアラフォーでも“生まれてすらいない”と言うぐらいの古いアニメ。

思っていた以上に古いのに、タイでも放送されていたのでしょうかね。
さすがにドラえもんほどに随所にはいなかったですし、1号しかいませんでしたが。

アメリカンヒーローも!!

でも、藤子不二雄アニメキャラだけじゃないのが、ココの大きな特徴。
いや、藤子不二雄アニメキャラがいるだけでも、大きな特徴ではありますけれど。

アメリカ系のヒーロー(?)もちゃっかりいます。

バットマンにタートルズ。

えっと…

もうそろそろタイにいるコトを忘れてしまいそうデスが、ココはタイ。
バンコクからもそう遠くない日帰り圏内にあるお寺の中です。

全然、そんな気がしなくなって来ましたが、この他にもアニメや漫画キャラが大集合しているのが、ワット・サマーンラッタナーラーム。

お腹いっぱいでしょうが…

続きにします(笑)。



おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください