【ラウンジ】リマでプライオリティパスが使えるラウンジ

Sponsored Link

ひとまず大混雑のリマの空港でしたが、早目に到着していたのが功を奏して早々とチェックインが完了。

こうなるともう、プライオリティパスを使って、ラウンジに行くしかない。

プライオリティパスについては、この辺りの記事を参考にして下さい。


リマのホルヘ・チャベス国際空港の喫煙可能場所

さて、リマの空港。

館内は禁煙です。
喫煙所すらありません。

ただ、1ヶ所だけタバコが吸えるお店が実はあったりします。

それがHuashcaと言うお店。
基本的には、BarとSushi Barって感じのお店で24時間営業。

そのお店の奥の方に、喫煙席があったりします。

ただ、基本的に高いです。

頼めて、コーヒーかなって感じなぐらい。
いや、そのコーヒーだって高いんですけれどもね。

愛煙家でこれから日本に帰るけれども、喫煙が出来る場所がないアメリカ経由で、そのアメリカでのトランジットも時間がない人は、これから長い旅路になる訳ですから、高いコーヒーでも飲む価値はあるのかも。
場所的には、↓の地図の水色丸印の場所にあります。

リマのホルヘ・チャベス国際空港のラウンジ情報

さて、ラウンジ。

ペルーのリマで、プライオリティパスが使えるラウンジは3カ所あるんですが、その内の2カ所はどちらとも同じ様な位置関係にあります。

場所的には、↓の地図の黄緑色丸印の所。
ゲート的には17番ゲートを越えて左折と言う感じ。

もう1ヶ所、Caral Vip Loungeは↑の地図で黄緑丸印がナイ赤丸の所なのですが、こちらはプライオリティパス保持者が使えるのは、22:30~24:30だけになっているので、そもそも行ってません(まぁ、時間的にはジャストな時間ではあったのですが)。

ってか、こう言う時、ターミナルが1つしかナイのって楽だなぁ…なんて思う訳ですが、ひとまず手前にあるSumaq VIP Lounge and Business Centerと言うラウンジに向かってみると…

“ちょっと混んでいるから、もう1つ奥のラウンジに向かって~。そこもプライオリティパスが使えるから”と。

あら…
残念。

まぁ、混んでいて席がないなら仕方がナイので、もう1つ奥にあるVIP Club and Business Centerと言うラウンジに向かい、中に入ってみたのですが…

やっぱりココも混んでいました(笑)。

天井が高めなので、混んでいても圧迫感がある感じじゃないのが救いな所。

まぁ、日が変わる頃の時間帯に掛けては、LATAMのNY・マイアミ・LAや、デルタのアトランタ、エア・カナダのトロント、ユナイテッドのヒューストン、コパのパナマシティ、アエロメヒコのメキシコシティ…と、北中米方面便が続々と飛び立つので、仕方がないのかも。

まぁ、座席が確保出来た自体でヨシとするしかないのかな。

さて、ラウンジ。

軽食はミニサンドウィッチぐらいで、そこまで大したコトはなく、飲み物も、特筆出来るのは、やっぱりインカコーラがあるコト位でしょうか。
アルコールも無料でサービスなのは、ちょっと嬉しい所。
WiFiはしっかり飛んでいますが、そもそも電源のある座席がホントに少ない感じ。

こじゃれたムードはあるのですが、長居しようと言う様なハードが整っている訳でもなかったかなってのが、正直な所。

因みに正面のガラスの向こうの席は、リラクゼーション的な感じのシートになっていました。

まぁ、PCを広げたりする感じの席ではなくて、ホントにビーチにありそうなシートとマッサージチェアーみたいなシートがある感じのエリアになっていました。

勿論、そこも人で満員状態だったので、実際には座っていないんですけれども。

ひとまずリマのラウンジで言えるのは、夜便だった場合は、早めにチェックインして、早めにラウンジに入ってしまおう!と言う所かな…と。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。