初乗りの香港航空でいざ、日本へ(仮)。

Sponsored Link

初搭乗、香港航空!

バンコクから向かったのは、日本です!!!!

 

でも…

 

石垣です。

バンコクから石垣へ。
香港と那覇経由で。

まず利用したのは、香港航空。
そのままですが、香港がベースの航空会社。
香港の航空会社と言えば、やっぱりキャセイパシフィック航空が有名ですが、それに続く航空会社でもあります(キャセイの子会社の香港ドラゴン航空の方が、規模は大きいけれど)。

LCCじゃなくて、フルキャリア。

なので、ちゃんとシートにモニターとかもあります。
これと言って、日本語プログラムがある訳じゃないけれども、日本路線は増やしている航空会社なので、これからに期待したい所ではあります。

imgp8584

さすがにバンコクから搭乗した時には、日本人は見受けられず。香港航空利用で日本~バンコクってのは、まだ一般的じゃないみたい。
中国南方とか東方とかだったら、値段も安いので、ある程度、利用者はいそうだけれども。
いや、きっと探せばいたのかもしれないけれど。

バンコクから香港は、案外近い。
夜出発便で、到着するのは日付が変わる瞬間辺り。
今日は香港の空港で眠る羽目になるので、さっさと機内で仮眠を…と思っていたのですが、フルキャリアだし、国際線なので、機内食はちゃんと出てきます。

img_4318

勿論、無料(運賃に含まれている)ですが、やっぱり中国・アジア系の航空会社の機内食は、メインディッシュに外れが少ないので嬉しい所。まぁ、それも日本人からしてみると…と言う話なのかもしれないけれど。強いて言うならば、お米がふんわり~と言う機内食を提供してくれる航空会社が少ないのが残念だけれども、大体、あんかけみたいなモノを選べば、ちょっとぐらい硬くても問題はナイし。

って、機内食を食べ終わったら、もう香港までそう遠くない所まで飛んで来ていました。

今回は、石垣まで通しの航空券ですが、バンコク~香港ぐらいの距離だったら、フルキャリアである必要性は全然ナイな…と改めて実感してしまいます。AirAsiaを始めとするLCCも幾つか飛んでますしね。
正味、2時間半程度のフライトだから、ホントに食べたらあっと言う間に到着する感じだモンなぁ…

そう考えると、改めて、日本ってアジアの一番端っこの国なんだなぁ…と、しみじみ実感してしまいます。

でも、日本から東南アジアに2時間とか2時間半とかで行けるとなると、バンバンLCCが飛ぶ様になるだろうから、ある意味、行き過ぎてしまうだろうから、困ったコトになってしまいそうな予感も。

因みに、この香港航空ですが、単独資本の航空会社ではなくて、中国本土の海南航空系のキャリア。なので、香港がベースのLCC・香港エクスプレスとは兄弟会社的な存在になる航空会社。
なので…かどうか真相は分からないのですが、香港エクスプレスって、香港航空が就航している所を外して就航して来ているんですよね、何気に。多分、両社共に就航しているのって、成田と関空ぐらいなモノなんじゃないのかな…とすら。

真夜中と早朝の香港空港

んで、香港の空港へ、無事定刻通りに到着。

昔は、よくキャセイを利用していたので、香港の空港も必然的によく利用していたのですが、最近は、アジアが久しぶりなので、キャセイを使う機会もなくて、香港に来る機会もなく…

でも、世界的に見ても好きな空港だったりするのですが、如何せん、トランジットを終えて、出発フロアに出た頃には日付も変わってしまっていて、お店もやってない。

それにしても、香港の空港って、真夜中にも発着があるイメージだったのですが(街自体、そう言うイメージですし)、真夜中に発着する便が基本的にはナイんですね。

ちょっと意外。

なので、お店も閉まっていて当然と言えば当然。
すぐにラウンジに駆け込みました(この話は次回)。

そして、こんなに喫煙所、少なかったっけ…??
香港の空港って、喫煙者に世界でも有数の優しい空港のイメージのままだったんだけれども、もはや、過去の話みたい。

さて、バンコクで貰った航空券には、出発ゲートの記載がなく、香港で確認を…と言われていたのですが、無事、出発ゲートが判明。

img_4320

って…

205番ゲート(7時25分発参照)。
と言うコトは…
メインのターミナル1じゃないっ!!
サブターミナルのミッドフィールドコンコースからだっ!!(全体的に香港航空便は、ちょっと辺鄙な搭乗ゲートを使用しているコトが多い感じがしますね、発着案内から見ると)。

と言うコトで、朝になってから、ターミナル1の地下へと降りて、連絡シャトルに乗って…
ってか、メインのターミナルだけで利用しやすかった香港の空港も、今や、第2ターミナルとかミッドフィールドコンコースとかもあって、すっかり広くなってしまった感じだけれど、全てが1本のターミナル間鉄道で結ばれているのは、楽です。

それにしても、このミッドフィールドコンコース、朝イチだったからか人も少なめ。
こっちにラウンジが欲しい所だけれども、プライオリティパスが使えるラウンジはないのが現状。でも、もしラウンジじゃなくて、ターミナル1で仮眠を取るならこっちの方が空いていたのでおススメかなぁ…と思いつつ、全体的に空港が寒い。

肌寒いを通り越した寒さ。
半袖だとやってられないわ…と言うぐらい。
ブランケットとか、上から羽織れる何かがナイと、ちょっと厳しい…と思えるぐらいの寒さ。
まぁ、広くて天井も高い空港のターミナルビルを冷やそうとなると、ある程度は、寒くなるのは仕方がないのでしょうが、ちょっとやりすぎ的な気がする寒さでした。

でも、このミッドフィールドコンコースのターミナルの喫煙所が良い感じ。

場所的にはコンコースの左右最奥なのでめっちゃ不便で、香港でも奥の方に喫煙者は追いやられているのか…と思ってしまいますが、オープンスペースのこの喫煙所、飛行機の離発着が丸見え~♪
迫力ある飛行機の離発着を見ながらタバコが吸えると言う立地で、つい、長居したくなるじゃない…と(写真の左側がもう滑走路)。

img_4328

それにしても…

朝イチ便なんだから、ミッドフィールドコンコースじゃなくても…と言いたくもなる。
どうして朝イチから、一番不便な場所からの出発なのやら。

それにしても、海外の空港に泊まるのって久しぶり。羽田空港では良くあるけれども。

さすがに、疲れた感じがあるなぁ…と思うのは、やっぱり歳なのかな…なんて、つい思うけれども、香港から那覇までも、距離は近いので、全然眠れない機内になる訳で、疲れが取れないまま、久しぶりに日本に戻ってくるコトになりました。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください