見晴らしに滝にホワイトブッダと、彷徨う原付パーイ2日目

Sponsored Link

何だか…
帰国してからの方が更新が滞っているのは、どうしてなのやら。
未だに旅ブログ上ではタイにいるし(しかもまだパーイ)。
でも、気ままに更新は続けて行くので、気ままに読み続けてくれると嬉しかったり。

パーイで原付、借りてみた(2日目)

原付パーイ2日目。

今度はパーイの北側へと足を延ばしてみる。

まずはご来光と雲海が見えると言うテラスへ。

…とは言っても、そんなご来光の見れる時間に起きれる訳がなく、もう真っ昼間でしたけれど。

ズズズンッと原付を走らせて行くと、中国系の村に入って行き、そこからは徐々に坂が厳しくなって行く。

これ…
登りは良いけれど、下れんのかよってぐらいな急な坂。

ってか、ケガをしているヨーロピアンは、スピードの出しすぎもあるんだろうけれど、こう言う下り坂で転んでるんやろうなぁ…と、勝手に想像していたら、到着した。

imgp8369

しっかりと手入れが為されたテラス。

でも…

ココは単独で来るよりも、カップルとかで来た方が絶対、楽しめるんやろなぁ…感がある。入り口からしてハートマーク全開ですからね(上の写真)。
こんな場所で、一人でしっぽり…と言う感じじゃないし。

でも、眺めはなかなかです。

imgp8395 imgp8385

そそくさと退散して、次の場所へ。

心配していた下り坂ですが、エンジン切っても山のふもとまで降りてこられるぐらいで、95%ぐらいは実際にエンジン切って走ったら、無事に転ぶコトなく戻ってこれました。

モーペンの滝へ、そして彷徨う…

次はモーペンの滝へ。
滝つぼがあり、そして泳げて滑れる滝。

imgp8407

もうちょっと静かな滝を想像していたのだけれども、行ってみると、滝は確かに思ったよりも豪快だったけれども、それよりもヒャッホーなヨーロピアンで溢れていたので、長居するコトなく、ざっくり足だけ浸かってみて、後にする。

んで、次は何処に行こうかなぁ…とさ迷ってみる。

maps.me上にある温泉に向かってみるけれど、全然、たどり着けない。
道はどんどん悪くなって、ぬかるみに近くなるし、山の中を駆け巡っている感じになるのに、温泉が一向に見えてこなくて、その内、地図上の温泉マークから、どんどん遠ざかって行く羽目になる。
それでも原付って、案外、ぬかるみや山道でも走るモンなんだなぁ…と感心してしまったけれど、何だかんだと1時間ぐらいさ迷うモノの、断念。

imgp8415

でも、周辺の景色は、ホントにのどか。
田んぼがあって、家があって、ただそれだけの風景なんだけれど、パーイのリトルカオサンみたいな風景とは全然違っていて、こうしてさ迷う方がパーイは楽しいのかも。いや、リトルカオサンみたいなパーイも好きやけど。
予定を決めずにぶらぶらと原付を走らせるだけでも、ひょこっと気持ちのいい景色に出会えるのが、スゴイし、何処までも原付を走らせたくなる。

この先に、何があるんだろう。
この先で、何が見えるんだろう。

そんな旅の原点みたいな、ちょっと忘れかけてしまっていた気持ちを、ふと思い出させえてくれる。

ホワイトブッダって、名前はどうなのよ?

最後に町の反対側近くにあるお寺へ。
“ホワイトブッダ”で通じるお寺。正式な名前は、ワット・プラタート・メーイェンですけれど。

ホワイトブッダって…と思いつつ、山の中腹まで原付で向かい、そこから階段道へ。

imgp8429

暑い上に木陰ゼロ。
さすがに干からびてしまう…

見晴らしは良くて、雨が降らなさそうならば、夕暮れ時に来る方が良いみたいなぐらいに視界が広がっている。

でも、肝心のホワイトブッダは、背中に何か突き刺さっていましたけれどもね。

img_3976

こう言う所が、タイらしくて好きですけれど。

そんな感じで2日目の原付パーイも満喫して、ひとまず宿に戻って来た所で、スコールに。
昼間はめっちゃくちゃに晴れていたのに、山の天気は変わりやすいのは、日本でもタイでも共通ってコトか。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。