アスタナの宿 (2)

Sponsored Link

前回のホテルから移動。

アスタナの安宿はあまり情報がなく(あっても立地的に不便じゃないけれど中心部から離れる立地ばかりで…)、どうしようかなぁ…と思っていたら、Booking.comに手頃なホステルが掲載されていたので、そこへ。

バイテレクまでホントに歩いてスグと言う立地は、なかなか魅力的なのに加え、予約サイトの写真を見る限り、そこそこキレイそうだったと言うのがポイント。

実際に行ってみると、ちょっと場所は分りにくいのかも知れない。

と言うのも、旧ソ連式の建物構造で、中庭から入るスタイル。

中庭からの入口も幾つもあって、その内の1つから入らないとたどり着けないのですが、扉の所にちゃんとホステルのシールが貼ってあるので、そこまで迷うコトはないかと思う。

具体的に書くと、バイテレクを背に大統領府の方へ。右側の建物にスターカフェと言うちょっと上品そうなカフェがあるので、その脇から中庭に。中に入ったら左の門をくぐって2~3個目の扉が入口になります。

キレイで立地至便なのに、外国人旅人がいない不思議な安宿

インターフォンを押すと、ひとまずロシア語でトークされるけれど、Hello~とでも話しておけば、英語に切り替えてくれる。

ホステル自体は3階。

インターフォンで“3階に上がって来て~”と言われると思いますが、日本式の3階でOKです。上がると突き当たり右側なので、すぐに分るかと。

男性ドミ・男女混合ドミ・女性ドミと3つのドミにそれぞれ2段ベッドが組まれているが、各ベッド毎にライトとコンセントがあり、カーテンもあるので、夜遅くに本を読んだりネットをしていても明かりが漏れにくくなっているし、充電とかも各自のベッドで取れる様になっているので、便利。

IMGP6140

また比較的大きめのロッカーも備え付けられているのも有り難い所だし、部屋自体、手狭感はないのも嬉しい。

トイレとシャワーは個数はそう多くはなく、狭かったりするが、清掃はきっちりとされている感じ。

キッチン付きでコーヒーと紅茶はフリーで飲んでいいとのコトだった。

数泊したが、何故かロシア語を話す旅人以外はいなく、ロシア人とカザフスタンの人が泊まっているだけだったが、そもそもココに宿泊しながら働いている人もいる様な、そんな状態だったけれども、部屋自体は快適だし清潔だし、何故、もっと外国人観光客が増えないんだろう…なんて思ったり(ロシア人を別として)。

そして何よりも、スタッフに英語を話せるスタッフがいるのも助かる所。

比較的、宿泊者の夜の戻りが遅いからなのか、午前中はホントに静かでスタッフ自体もほぼ寝ているような状態(それでも扉のチャイムを鳴らせば起きてくれるとは思うが)だったので、朝早くアスタナに到着した場合、閉まっているかも…????


EXPO Hostel

ドミトリー:2,000テンゲ
WiFiアリ
ホットシャワー
キッチンアリ

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください