天然温泉平和島でリラックスしてから帰ろう

Sponsored Link

ようやく本ブログを以って、帰国です。
相変わらず、長いなぁ…なんて思ってしまいますが、モーリタニア・モロッコ+西サハラの旅。
旅自体はしやすいし、食事的にも美味しく、それでいて変化に富んだ旅だった様な気がします。


羽田到着!!そして…

ドーハからの便は、そこそこの混雑具合。

往路は空席が目立っていたので、復路も…なんて言う気がしたのですが、さすがにそれはなかった…

羽田に無事到着。

IMG_2775

“帰って来たぁ~”

と言う気にはなるけれども、実を言うと、羽田の到着は夜。

都心近辺であったり、羽田から便が良ければ全然帰宅出来る時間帯なのだけれども、埼玉西部の田舎町に住んでいるので、終電には間に合わない…
この辺りは、“仕方がナイ”と割り切っていますが、ちょっと残念な所。もう30分ぐらい早く到着すれば、自宅まで帰れるのになぁ…なんて思うと、余計に残念に思う。

普通ならば、このまま羽田空港のベンチに横にならなければいけないのだけれども、そこは資金も豊富なカタール航空である。無料で平和島のスパの“天然温泉 平和島が利用出来るのである。

これは利用する以外にありません。

事前に“天然温泉 平和島”のホームページにある“羽田線お帰りなさいキャンペーン”でバスを予約(キャンペーンの詳細はこちら)。
この送迎バスももちろん無料。

1階にあるローソンに立ち寄って、小腹を満たす為に、ちょっと買い込む。

“久しぶりのコンビニ~!!!”

なんて思いつつ、早速、バスに乗って平和島へと移動。

とは言っても3人しか乗っていなかったけれど。
つまりは皆、家に帰れるってコトなんだなぁ…と。

羨ましい…

天然温泉 平和島でリラックス

程なく到着した、“天然温泉 平和島”。

まだ仕事帰りに立ち寄った人なんかが、ちらほらと見えるけれども、平日にもかかわらず泊まり目的の人もちらほらと見受けられる。

広いお風呂。
サウナ。

そして、リクライニングスペース。

更に付け加えると、朝食まで付いてくる(朝食はバイキング方式です)!

そして、これが全て無料で付けられるなんて、凄すぎです。

因みに、朝食を食べずに羽田に向かうバスに乗ると言うのもアリだそうで(朝食を食べると、羽田に行く無料バスに間に合わない)、そうすれば、国内線に乗り継ぐ人でも、利用が出来ます。

夜到着の羽田便と言うコトで、苦肉の策なのかも知れないけれど、これは便利すぎです。

さっぱりとした感じで朝を迎えられる訳ですから。

Flashfranky / Pixabay

しかも、バイキングスタイルで軽食とは言え、ちゃんと朝食まで付いてくると言う有り難さ。

至れり尽くせり申し訳けな思える程です。

因みに、お風呂は夜中に入っても大丈夫だし、朝食近辺に入っても大丈夫。
勿論、何回入っても大丈夫。
ただ朝方に大体、清掃の時間があるっぽいので注意かも。

また、帰路は京急の平和島までバスが出ている他、時間によってはJRの駅までもバスが出ていますが、こちらも無料で乗車出来ると言う有り難さ。

さ、日本!

風呂に入って、一気に日本に帰って来た感じ。

さっぱりして帰国を迎えられるってのは、やっぱり嬉しいサービス。カタール航空、やっぱりスゴイわ…
ってか、カサブランカまで5万円台。
それに平和島まで付いてしまって、良いの?と言う気にはなってしまいます。
更に言えば、予約クラス的に25%しか付与されなかったけれども、JALのマイルまで今回のフライトには付いているし(25%でもカサブランカまで行けば、ある程度のマイル数にはなるので嬉しい)。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください