ヌアディボウの宿

Sponsored Link

ヌアディボウの町は基本、碁盤の目と言う感じにすらなっていなくて、ほぼ1本の大通りに沿って栄えている感じがあるのだが、その大通りにほぼ面している割に、全然目立たない宿。

そもそもパッと見ると単なるガレージにすら見えてしまう位だけれども、ちょっと奥まった感じなので、大通りに面しているに割に、そこまで車や人のうるささは感じられなかった。
でも、そのちょっと奥まった感のせいか、そもそも客が少ないのか、タクシーに乗りながら探したのですが、なかなか見つけられなかった宿(後で気が付いたのですが、この宿の前を何回か通り過ぎてました…(笑))。

宿の親父は、かなり仏頂面で、最初、日本人やアジア人種が嫌いな人なのかな…と思ってしまったけれども、別に悪い人ではない。
どちらかと言えば、きっちりもしているし。

IMGP5001

宿の共有スペースの色んな所に、今までここを訪れた旅人の写真があるので、かつては結構、人で賑わっていたんだろうが、それは今ではすっかりと面影だけになっている雰囲気がある宿。

モーリタニアの宿って、“かつては賑わっていた”感のある宿ばかりのような気がするので、やっぱり旅人自体がグンッと減ってしまっているんだと思う。

ただそう言う宿は、別に居心地が悪い宿でもなく、単純に旅人が減っただけで宿に落ち度はナイ様な気がするので、特段、利用をセーブする必要もないのかと。
まぁ、南から上がってくる人にとっては、そこまで違和感なく利用出来るかと思うのですが、モロッコから下ってくる人にしてみれば、一気に宿の賑わい感がなくなった感じがするのは、否めない所。

そもそも車でオーバーランドの旅をしている人がメインだったみたいで、かつては共有スペースに台所器具なんかもあったみたいだけれども、今はそれもなく、単にひっそりと机がある程度で調理は出来ない。
洗濯可能だが、そんなに干す場所がある訳でもナイ。
近くに商店とかはあるし、ちょっとしたマーケットとかはある。そこまで出歩いた町ではないのですが、外食処はそう多くはない町かも…と言う気はしますが、それはモーリタニア全般に言えるのかも。

結局、タクシーに乗ったので正確には分りかねますが、鉄道の駅から歩くにしては、ちょっと遠い距離になってしまうかも。
これで鉄道駅やモロッコ・西サハラへの車の発着所に近ければ、もうちょっと嬉しい所だったのですがね。


La Baiedu Levrier Camping
電源は各部屋にアリ
WiFiなし
シングル利用3,000ウギア(言い値は4,000ウギア)
水シャワー

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • ヌアディブはモロッコからヒッチしてモーリタニアに入った最初の街。

    でも、どこに泊まったかもう忘れてしまいました(^^;;

    • 風の旅人さん>そもそも安宿が2件くらいしかないのかなぁ…なんて。もう1件、キャンプが出来る宿があるみたいでしたが…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。