スリモンゴルの宿:Green Leaf Guest House

Sponsored Link

予約サイトは便利だけれど万能じゃない

ちょっとスリモンゴルでは良い宿に泊まりたいなぁ…

そう思いつつ、Booking.comなんかを見ていたら出て来ていた宿。

ただBooking.comだと、1,500タカ(約17.85USドル)の提示。
安い日でも1,174タカ(約14USドル)ぐらい。

Wi-Fiは強めのがありそうなのが、コメントから推察できましたが、さすがにちょっとオーバープライスかな。

それが正直な感想でした。

少なくとも、その値段の宿で、水シャワーってのはね…と。
もしくは、せめて朝食付きとかだったら、Wi-Fiもあるしなぁ…なんて思うのですが。

ひとまず前日の夜まで、空室があるのを確認して、現地に行ってみて、価格交渉(因みに、最安値の1人向けの部屋は、ずっと残数が2部屋になったままでした)。

すると、1,500タカが他の安い日と同額の1,174タカまで、すぐに値段を落としてくれました。
そして、1,000タカじゃダメ?と聞いてみたら、これまたスグにすんなりOKに。

ホントに即決してくれたので、すんなり決めました。

3泊するつもりだったので、最初の値段から考えると、2泊分の値段で3泊できたと言う計算になるので、ホントにラッキーでした。

Booking.comみたいな予約サイトって、予約が出来ると言うのは、有り難い話なのですが、当たり前ではありますが、値段交渉が出来ないと言うのは、デメリットな部分だな…と、改めて。

まぁ、基本的に安宿ばかりが掲載されている予約サイトと言う訳でもないので、そもそも“値段交渉”と言う概念が成り立たないのが、予約サイトなのですけれどもね。


Wi-Fiも強めで英語も通じる宿

部屋の中は、結構、キレイ。

水シャワーだけなのですが、チェックインの際に、

「お湯が欲しければ、20分前に言ってくれれば、バケツにお湯を溜めて持って行くから~」

と言われました。

それだとホットシャワーのお部屋の価値がなくなるのでは…?と思ったのですが、その言葉だけでも有り難いモノで(因みに、ホットシャワーの部屋は、ほぼ値段が倍です)。

スタッフが話す英語は、流暢です。
会話に困ると言うコトはなく、しっかりと聞いたコトは教えてくれる感じ。

室内の広さは普通かなって感じですが、窓がしっかりとあるので、暗くないのも嬉しい所。

欲を言えば、室内に椅子はあるのですが、テーブルがナイのが残念な感じもしましたが(でもその代わり、何故か鏡台があります)。

Wi-Fiも部屋の中では問題がないレベル。

立地も中心部まで歩いてスグと言う好立地です(そもそもスリモンゴルの街自体、そこまで広くはないのですが、感じの良い宿・ホテルは、郊外にあるコトが多い)。

また宿の前を走るカレッジロードは、スリモンゴルの街の中では、そこそこ交通量のある通りなのですが(街の中では4番目ぐらいの交通量ではないか)、建物自体は、この通りに面していなくて、ちょっと入った形になるので、車の走行音とかも、幾分、マシと言うのも、騒がしいバングラデシュの中では嬉しい所。

元々の値段だとコストパフォーマンスが良いとは思えないけれど、宿としては決して悪くはない。

そんな宿でした。



Grean Leaf Guest House

シングル:1,000タカ
住所:College Road,Next to Udayan Girls High School,Sreemangal
Wi-Fi:あり(強め)
朝食:なし
キッチン:なし
ホットシャワー:なし
喫煙スペース:あり(室内禁煙)
アクセス:中心部からCollege Road を歩いて3~5分弱程度の左側

「たまにはちょっとだけ良い宿に泊まってみる」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください