弾丸ソウル旅(3) 仁川から鉄道で市内へ!

Sponsored Link

JCBの空港鉄道無料キャンペーン

仁川の空港の地下へと降りて、鉄道駅へ。

JCBカードがキャンペーンを行っていて、地下に降りた場所にあるAREX Travel Center 仁川空港店(と言ってもカウンター形式で案内所みたいな場所ですが)で、JCBカードを提示して、片道の市内までの鉄道の切符を貰う。

参考)韓国“仁川空港~ソウル”間空港鉄道無料!キャンペーン

ただJCBカードを見せるだけで、鉄道の切符を貰えてしまいました。

こんなに手軽なキャンペーンで良いのだろうか…なんて、つい思ってしまいますが。

しかも貰える切符もこんなスタイルの切符。

IMG_2064

レシートでした。

仁川から鉄道でソウル市内へ!!

しかも、ホントに何書いているのか、さっぱり。
時間と車両が分かるから充分ではありますが。

この貰えるチケットですが、途中、全く停車駅が無いタイプの電車のチケット。

仁川からだと地下鉄の延長の様な各駅に停車するスタイルの電車と、途中、一切停車をしない全車指定席のスタイルの電車の2通りがあるのですが、後者の方になります。

さて、チケットを貰ったので、駅に進むと…

IMG_2060

開放的なホーム。

ただ…
何にもないホーム。

しかも…

この途中駅に停車しないタイプの電車ですが、ホントに便数が少なくてびっくり。

帰りはちょっと気を付けておかないと、失敗しそうな気にしかならない…

車両も、特に快適かと言われると、不便はしないけれども、そんなに快適度が高い訳でもない様な気はします。
ただ混雑しないので、楽でしたけれどもね。
それが何より。

気が付いたら、電車が出発していて、気が付いたら、ソウル市内に入っていた…

そんな感じ。

やっぱり電車で空港から市内へと入れる国って、旅のスタートが楽だなぁ…なんて、つい思ってしまいますね。

それにしても…
眠いです。

そんな眠気なんて関係なく、到着したソウル駅でしたが、地下、深っ!!
地下鉄に乗り継ごうと思ったのですが、あまり便利な感じの乗換にはなっていない気がします。
荷物が少ないから、別に…とは思うのですが。

空港連絡鉄道って、基本、多くの都市で、後付けの鉄道が多いので、乗換の便があまり良くないのは、仕方がないのかなぁ…と思いつつも、仁川は前評判の高い空港だけに、少し残念な気も。

ただ途中駅に止まらないタイプの時刻表を見る限り、多くの旅人はバス移動なのかな…とも。

なら、仕方がない感じもしますけれど。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。