晴れた日に黄色いお山に行ってみた

Sponsored Link

“特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ~”
そんなコト、言われたい。
言われただけで温まれる自信があります。
ってか、スープじゃなくても、チョコでイイんですけれどもね。
いや、特別なスープじゃなくても、特別なチョコじゃなくても、単なるスープでもチョコでも。
とにかく、あったかまりたい、そんな季節。
そんな冬の晴れた日って、ホントにほっこりしてしまいます。
どうせ夕方になったら、寒くなるのが分かっているだけに、余計に、ほっこりしたくなるし。

ってなコトで、休みの日に天気が良かったので、10時過ぎから出掛けてみるコトにしました、秩父・長瀞に。

よく分からない前振りは、単に“あったかいんだからぁ~”と書きたかっただけです、多分。

 昼下がりに長瀞へ

秩父と言うと、遠いイメージがありますが、関東平野部でも西側ギリギリの所に住んでいる身としては、そんなに遠くない。
いや、寧ろ、都内にある仕事場よりも近かったりするので、こうして晴れたから行ってみようかなぁ…と言うのが、出来るのですが、今回は、長瀞にするか、それとも芦ヶ久保の氷柱にするか、ちょっと迷いました。

決め手はなかったんですけれどもね、長瀞の。

何となく…と言う感じですが、旅先を決める時のこう言う何気ない勘は、大事にしていたいと思う。

見たいし、行きたい。

それだけで良いとも思うし。
まぁ、強いて理由を挙げるとしたら、氷柱を見た後は、そのまま横瀬にある温泉に入りたい訳ですが、日曜日だと混んでそうで…ってのが、理由ですかね。

ともかく、昼下がりの西武秩父線に乗る。
ボックスシートを独占する気満々だったのですが、思ったよりも混んでました。
ってか、11時半過ぎてる電車。
こんな遅くから出掛けるなよ…と、自分を差し置いて思ってしまいます。
逆に言えば、それだけ思い立ったが吉日の様な人がいると言うコトでしょうか。

峠を越えた辺りで、残雪がちらほら。
いつの雪なんだろう…と思ったら、やがて見えた武甲山も雪景色。

さすがに山以外の所には雪は見受けられなかったけれど、秩父はやっぱり関東平野とは気候が違うんだなぁ…と、妙に納得してしまいました。

西武秩父から秩父鉄道の御花畑駅へ。
秩父鉄道はSuicaが利用出来ないので、券売機を使う訳ですが、列が出来る程の賑わい。

この時間にココにいる人の多くが、長瀞に行くんだろうなぁ…と思うと、ちょっとうんざり。
やっぱり人の多い観光地は苦手だなぁ…と。

んで、やっぱりそのほとんどの人が長瀞で下車。
もちろん、ボク自身もその内の1人ではありますが。

ちょっと駅前で一服して、人が少なくなってから、参道へ。

お参りをしてから行こうか…
ぶらぶら参道の店を見ながら行こうか…

なんて思ったのですが、雲がガンガン流れていたので、晴れている内に山へ…と、一目散にロープウェイ乗り場へ…

宝登山ロープウェイへ

って…

激混みじゃないですかっ!!!

ご丁寧にトラロープまで引っ張って、蛇行列が作られてる。

IMGP2995

何とチケットを買ってから1時間待ちとのアナウンス。

ここはディズニーランドか!?
何かのアトラクション待ちですか!?と突っ込みたくなる。

多少は待つだろうなぁ…とは思っていましたけれど、1時間待ちは想定外。
ぶらぶら歩いてこなくて、正解だったかも。

ロープウェイ自体は7分おきに来るらしい。

山麓駅から山頂駅まで所要5分ですから、折り返しで1分ずつで7分。
ってか、これでもナイくらいに密なダイヤ。
山手線もびっくりなほど。

1時間待ちで所要が7分。
その間に8回はロープウェイが行くってコトになる。
1回50人乗りだから、単純計算すると400人がいるってコトになりますかね。

所要が5分の短いロープウェイだから頻発出来るけれど、そもそも所要5分で待ちが1時間だったら、歩いて登った方が早かったかな…とも。
ただ高くはナイと言っても、山に登る程の意気込みもなく…
帰りも混んでいるのは想像出来たけれども、ロープウェイのチケットも、往復で買ってしまう気合いのなさ(笑)。

ようやく乗車出来たけれども、やっぱり車内は混んでいて、ベストポジションはキープ出来なかった。

それにしても、ロープウェイだとか、ケーブルカーとかって、妙にテンション高くなってしまいます。

落ちないかなぁ…と言う心配もありますが、日常的に利用する交通手段じゃないからなのでしょうかね。
思い返してみても、この前に乗ったのは、南アフリカ・ケープタウンのテーブルマウンテンに行く時のロープウェイだから、もう4年前になるし。ボリビアに行った時には、まだラパスにはロープウェイがなかったので、その前は、アルゼンチン・サルタのロープウェイになる。

って、サルタのロープウェイに乗った時も、宿が一緒だった欧米人に“何で歩かないの?”と言われた記憶が。

ともかくテンションだけは上がります。

IMGP3000

で…

乗ったのが、モンキー号。
乗れなかったのが、バンビ号。

近くにいたおばちゃんが、

“何でモンキーなのよ。ってか、もうちょっといいネーミングなかったの?”

とぼやいていました。
そこ、突っ込む!?と思いつつ、ようやく山頂にたどり着いたのでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。