インターナショナルカードを比べてみる

Sponsored Link

昨日の記事で、ANAとスルガ銀行からVisaデビットカード機能が付いたインターナショナルカード(国際キャッシュカード)の発行が始まる旨を書きましたが、折角なので、インターナショナルカードの現状をまとめてみました。
T/C時代はあまりどの会社も差がなくて、寧ろ、どの発行会社が一番、現金化しやすいかが、争点だった気がしますが、海外でATMを利用する場合、何処で降ろせるかは、差が出ないので、各種サービスがありますが、そんなに差は出ないのかなぁ…なんて思ってはいましたが、こう一緒に挙げてみると、思った以上に差がある様な、そんな気がしてしまいます。

      1. りそな銀行Visaデビット
        年会費:1,000円
        両替手数料:2.5%
        引出手数料:無料
        10万円引出時の手数料:2,500円
        コメント:JALマイレージバンク機能が付いたカードがあり、デビットカードとして利用時はマイルが貯まります
      2. 楽天銀行(旧イーバンク銀行)
        年会費:1,000円
        両替手数料:2.94%
        引出手数料:無料
        10万円引出時の手数料:2,940円
        コメント:年会費が付く様になっていますが、ネット銀行としては最大級の銀行。
      3. Knt!トラベラーズキャッシュ
        年会費:無料
        両替手数料:3.00%
        引出手数料:210円
        10万円引出時の手数料:3,840円
        コメント:近畿日本ツーリストとスルガ銀行との協力カードになります。
      4. 新生銀行
        年会費:無料
        両替手数料:4,00%
        引出手数料:無料
        10万円引出時の手数料:4,000円
        コメント:先駆け的なカードで、一般のカードにその機能が付いている優れもの

こう見ると、新生銀行が劣っているように見えますが、これでも良心的な設定にはなっているのは、事実。
かつては東京三菱銀行(確かUFJとくっつく前だったと思うのですが)がインターナショナルカードを出していましたが、こちらは発行を終了しており、みずほ銀行もインターナショナルカードのサービスを2014年で終了。
大手の銀行系でこうしたサービスが利用出来るのは、Visaデビットとして発行し始めたりそな銀行くらいになってしまいました。
因みに、みずほ銀行のインターナショナルカードの終了の際に、同時にアナウンスされたクレディセゾンのNEO MONEYと言うサービスも、同じ様に海外ATMでお金を引き出せますが(但し、銀行の口座ではなく、プリペイドカード式)、こちらを見てみると…

NEO MONEY
年会費:無料
チャージ手数料:無料
両替手数料:5%
引出手数料:200円
となっているので、そこまでお得感がない状態。カードをなくした際、現地発行も有料で可能だし、届け出時点の残高が保障されるとは言えども、この手数料の差は気になる所でしょうか。

他に、おもしろいなぁ…と思えるカードがこちら。


MasterCad キャッシュパスポート
年会費:無料
チャージ手数料:1%
両替手数料:5.5%
引出手数料:2US$(他にユーロ・ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドルの設定有)
デビットカード機能を利用した場合は、Tポイントが加算されるのですが、何よりも魅力的なのは、スペアカードが無料で付いて来ると言う所。このサービスがある所って、他にあるんだろうか…とすら思ってしまいます。
クレジットカードと同様、盗難にあった場合は、最後…になってしまう訳ですが、スペアカードがあれば、少なくとも分散して持っていられるので、その分の安心感はありますよね。
もうちょっと手数料が下がってくれれば…と言うのが正直な所。チャージにも手数料が掛かってしまう点も痛い所です。りそな銀行Visaデビットと比べると、レート的には大きな差が出てしまうので。ただ短期の旅行とかだと、こちらも悪くはないかも知れませんね。短期で盗難に合うと、それだけで大きいですから。

…と、比べてみると、ちょっと差が出始めているインターナショナルカード。
チャージ式と、銀行直結のカードと、大きく分けると2パターンがありますが、手数料とかだけじゃなくて、それぞれの旅のスタイルに合ったカードを選べるようになり始めた感じですね。
勿論、海外でお金を引き出す選択肢としては、クレジットカードもありますし…

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。