木浦へGO!

Sponsored Link

ソウルから南下して木浦へ!

無事にバスの切符も購入。

目指すは、木浦(モッポ)。
韓国南西部の港町です。

ギリギリに来たバスに乗り込む。

木浦は、そこまで大きな街とは思っていなかったのですが、ソウルからはバスが1時間に1本ぐらいは出ている街だったりします。

それだけ人の往来があるのかな…と思いきや、ガラガラのバス。

バス自体は、定刻に出発しましたが、半分も人が乗ってませんでした。

まぁ…

平日の真っ昼間の高速バスなんて、そんなに利用客が多い訳じゃないんでしょうけれど、元々。

 

さて、選んだバスのクラスは「優等」。

ちょうど真ん中のクラスのバス。
特段、装備がある訳じゃないですが、前後の間隔は広々。

1-2列の合計3列シート。

快適です。

別にその上の「プレミアム」を選ぶ理由が、見当たらないぐらいに快適。

USBポートが付いているぐらいですかね、違いは。
ただ移動距離がそんなに長くならない韓国なので、やっぱり「優等」で良い様な気がします。

さて、外は無情にも雨。
雨が降り始めたソウルの市内をスグに抜け、高速で南下開始。

途中、1度だけ軽く停車があるぐらいは、無停車。

他の乗客が乗ってこないと言うのは、便利です。

終点の木浦のバスターミナル。
ソウルから4時間ぐらいで到着です。

地図を見ても分かりますが、そもそもソウルって韓国の北の端ぐらいにあるのですが、そこから南端にある木浦まで、バスでも4時間程度。

KTXだと3時間程度で行けてしまうと言うコトを考えると、韓国の国土って、そこまで広くはないと言うのが、分かります。

逆に言えば、日本が広いと言うのか、細長いと言えば良いのか。

とりあえず、韓国はそこまで広くない国土なのに加え、高速バスも充実しているし、KTXに代表される様な鉄道もあるので、移動が便利な国ではあります(ただソウル一極集中になっているのは、否めないですけれど)。

そこまで大きくない木浦のバスターミナル

こじんまりとした木浦のバスターミナルに到着。

ソウル以外にも、仁川国際空港やプサン・水原などに向かうバスが発着していて、大体、アシアナ航空と同じ系列のクムホ高速バスが運行している感じ。

小さなバスターミナルですが、必要なモノは大体揃っていて、コンビニなんかも入っていました。

実は、全然、この木浦の情報を持ち合わせていなくて、とりあえず、宿だけ確保したと言うレベルだったので、どうやってバスターミナルから移動すれば良いのかすら分かっていなかったり。

とりあえず、駅の近くの宿だったので、バスターミナル内のインフォメーションで行き方を聞いてみます。

 

が…

英語、ほぼ通じませんでした(笑)。

 

でも、何となく意味は理解してくれて、駅方面へ行く路線バスを教えてくれました。

バスターミナルを出て右前にある路線バス乗り場。

看板が出ていたので、見てみると…

全部、ハングル。

全然、分かりません。
どれに乗っていいか、検討すら出来ません。

で、路線バス乗り場にいた人に聞いて見ると、どうも1番系統は駅に行くみたいです。

ただ1番系統も駅が終着地点ではなく、その先にまで行ってしまうので、降り損ねは注意ですけれどもね。

因みに、先払い式で下車バス停でブザーを鳴らすタイプ。

特に車内は英語案内がなかったですが、左側に駅は見えてきます。

まぁ、分かりにくくはないかと。

駅到着。

そして、宿へ。

それにしても、やっぱり移動をすると、何だか“旅してる”って感じになりますね。

「そうだ!韓国に行こう!」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。