さらば北海道~!

Sponsored Link

バイバイ、北海道。

翌日は、比較的早めに宿をチェックアウト。

昨日は、パンチ氏が眠った後、コンビニでビールを買い、ちょっとだけお嬢と話して就寝。
ブダペストでも夕食後、まったり居間のソファにいたりなんかしたけれども、そんな旅の日々をちょっとだけ思い返してしまいました。

さて、この日は名古屋へと戻る日。

ホント、あっと言う間の「弾丸北海道ツアー」。
ってか、実際にやったコトって、北大を見学して、ジンギスカンを食べたぐらいなんですけれどもね。

久しぶりの北海道。

多分、最後に来たのは、ゼミの合宿だった様な気がするから、もう15,6年ぶりになるハズなのに、それでいいのか!?と突っ込みたくなるけれども、まぁ、また来るでしょ、国内なんだから…と、自分に言い聞かせるコトにします。

帰りも「エアアジア・ジャパン」

往路と同じルートで新千歳空港へ。

帰りも「エアアジア・ジャパン」のフライトです。

札幌発の電車も座れたし、早く到着出来たし、預け入れの荷物もナイので、パンチ氏がお土産を買っている間に、一服をしつつ、「ロイズの生チョコ、買おうかなぁ…」と考えつつ、お財布の中身と相談をした上で煩悩を捨て、201番搭乗口へ。

地平レベルにある搭乗口は、新しく整備されたのか、キレイめでした。
椅子の数がそんなに多くなくない?と思ったけれども、すぐ近くに喫煙所もあるし。

地平レベルにある搭乗口なので、もちろん、機材は沖止めで、バス連絡でした。
到着した時はタラップ移動だったので、曜日によって違うのかも知れないですね、コレは。

でも、バス連絡ってやっぱり嫌いじゃない(晴れていれば…ですけれどもね)。

何と言っても、機材の写真が撮れますし、飛行機を間近で見れるチャンスでもありますしね。
だけれど、「エアアジア」の場合、機材を写真に収めても、全然、“日本にいる感じがしない”んですよね、ぶっちゃけ。

今回は、同じタイミングで搭乗券の予約をしたのに、パンチ氏とはちょうど前後の席順に。

まぁ、窓側になったので、大好きなお手振りが見れたので良かったんですけれども。

当たり前ですが、シートモニターもないし、普段、乗らない様なルートなので、全然、窓の外からだと何処を飛んでいるのか、さっぱり見当が付きません…

羽田から西に向かう便だと、静岡とか名古屋ぐらいなら、上空から何となく検討が付くんだけれどもね。

ちょっとだけ本を読んで、ちょっとだけウトウトしたら、もう着陸体制状態。

またまたセントレア

あっと言う間でした。

空港のターンテーブルに矢場とんがいました。

ドアラじゃないんだね…と、ふと思ったり。
もりぞーとかでも良かったと思うのですが(古いか?)。

そのまま一服後、名鉄で名古屋駅へ。

そこでパンチ氏ともお別れです。

急に「北海道、行こう!」と言ったのに、付き合ってくれる様な、奇特で稀有な方。

ホント、感謝です。

こうして“誰かと何処かに行く”と言うコトが、皆無なワタクシなので、ちょっと緊張した旅でもありましたが、たまにはイイものですね。

そして、こうして気軽に北海道にまで行けるようになったのも、LCCのお陰。
そんな時代が、ホントに来たんですね、日本にも。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください