ブニョールの宿

Sponsored Link

Airbnbでみんなで借りた宿。

本来、Airbnbのサイト上だと市内中心部にピンが立っていたのですが、そこにはなくて、超山奥にあったが故に、車を借りざるを得なかった訳ですが、広くてキレイな一軒家だったと言うのは間違いが無かったかな。

ってか、あまりにも地図との場所と乖離しているので、最早、“詐欺”と言いたくなるレベルで、日没後に現地へと到着したので、場所すら良く分からず、結果的に、辛うじてあるご近所さんに場所を聞いたぐらい(その方がとっても親切で助かりましたが、いなかったらたどり着けなかったかも…)。

ってか、最初に到着した時は、真っ暗闇だったと言うコトもあって、ホントにこの先に家があるの?的な状況ですら。

何となくですが、元々は別荘とかだったのでは…?と思えるぐらいの家だったのですが、敷地内には小さな教会があったり、プールがあったり。

ブニョール滞在中はずっと天気が悪かったのですが、きっと天気が良かったらプールだって入っていたハズ。

シャワーの個数も結構あり、下手なドミトリーとかよりも多い気がします。

台所も使い勝手良好でケトルやトースター、電子レンジからコンロ(4個口)・オーブンまで完備。

洗濯機も1つだけありでしたが、実はあまり使い方が分からず(笑)。

ベッドは1つだけ外れがあるモノの、ソファもベッド代わりに使える大きさのモノで、あまり問題なく(↓の写真、えらく散らかっていますが、いわゆる“男子ドミ”みたいな部屋だったので、あまり気にせずに…(笑))。

タオルとかも人数分以上のモノが常備されていましたし、寒い時用の毛布もアリ。

喫煙スペースは館外テラスに設けられているのも、喫煙者にとっては嬉しい所。

周囲にはホント何もなく、歩いて市内まで往復は山道(特に帰りが)と言うコトもあって、結構、難しいかと思われるので、車がナイとホントに何も出来ない立地条件なのですが、車があればかなりイイ感じにはなるかと。

トマティーナの日は前日から野宿だったりする方も多いかと思うのですが、2017年に限って言えば、天候が良くなく、前日夜も雨が降ったり冷え込んだりしていたので、立地は悪いモノのこうして宿泊場所があって、ホントに良かったなぁ…と実感。

また、祭りが終わった後も、ひとまずシャワーや川でトマトを落とした後、すぐにまた宿で温かいシャワーを浴びれると言うのは、助かる所です。
個人的には、あの祭りの後に、トマトの匂いが完全に取れない中、バルセロナやマドリッドまで戻る気にはならないなぁ…とも(バレンシアがギリギリって感じかな)。

ブニョールだとホテルもAirbnbでも選択肢が少ないのが難点ですが、5月にはこの宿に目星を付けていた感じなので、早めに抑えて人数を集めるのが良いかと(最終的にいつの段階で宿を抑えたのかは不明なのですけれども)。

逆に言えば、宿を抑えてから人を集めても、トマティーナの場合、どうにかなるんじゃないかな…とすら思えたりします。

それにしても、多分、ホントにブニョールに泊まっている(しかも野宿じゃない)人はホントに少ないんだと思います。だから前日にテレビにインタビューされたんじゃないかな…とも。

ホント、良い場所だっただけに、ピンの位置が最初から正しい位置にあったらなぁ…と言う一軒家でした(それなら最初から市街地から遠いと言う覚悟の元で迎えたのに…)。

CASA LA SERRANA EN PLENA NATURALEZA

住所:不明
トマティーナ期間中は4泊以上からの貸し出し
人数は14~16人対応
結果的に1人57ユーロ(4泊)






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。