ブニョールで、テレビ取材受けました。

Sponsored Link

めっちゃ緊張なテレビ取材。

そう言えば、トマティーナ前日に、リストバンドの交換と買い出しの為に、ブニョールの市街地へと出掛けた時に…

テレビインタビュー、受けました。

最初、ソンクラーンでも一緒だったシロ氏が受けていて、タバコを吸っていて全く気が付いていなかったのですが、吸い終わってみんなの所に近づいたら、手招き。

フッと見たら、シロ氏、キョドった顔しているから、“何、柄にもなくキョドっているんだろう…”なんて思ったら、インタビュー受けている最中。

テレビカメラ、回っている最中。

そりゃ、キョドるわな…と思っていたら、辛うじてスペイン語が分かると言うだけで、ボクまで巻き沿いになってしまいました。

んで、2人してキョドってしまって、そもそもシロ氏、英語で話していた感じがするんだけれども、何を話したのか、さっぱり覚えていない…(笑)

んで…
最後は、みんなでちょっとだけ盛り上がっている風な感じを。

テレビが斜陽化産業と言われて久しいし、テレビの視聴率もガタ落ちの現在ですけれど、やっぱり“テレビに出る”と言うのは、不思議と高揚するモノですね。
使われるかどうかは別として。

TVE。
多分、テレビエスパーニャなんだと。

国営放送?

名前的には、そんな感じがしますけれど、夜21時前後に流れるわよ~と。

夕食を食べて、とりあえずテレビを付けて、みんなでスタンバイ。

まぁ、最後のみんなの盛り上がり図は、絵的に採用される可能性があるだろうなぁ…なんて思いつつ、待つコト30分ぐらい。

トマティーナのニュースになって…

めちゃんこ使われているやないですか。

シロ氏もボクもソロ画面、ちゃんと使われていました。

みんなで軽く盛り上がっている画像も使われていました。

ってか、トマティーナ関連で、ブニョールの前日風景で使われているのは、ボクらのみと言う好待遇(?)。

まぁ…
それだけブニョールに泊まっている外国人が少ないってコトなんだろうけれど。

アジア人だと、いかにもわざわざトマティーナに参加しに来た外国人ってな感じで、絵になるしね。

でも…

ぶっちゃけ、テレビの前でみんなが盛り上がりすぎて(歓声の様な、奇声の様な、どよめきの様な…)、何喋ったのか、全然、聞こえていなかったけれどもね。

でも、前日からこうしてテレビの取材をたまたま受けて、それが採用されるだなんて、幸先が良すぎます。
否応なく、盛り上がるって感じです。






そして、いよいよ明日、トマティーナ本番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。