久しぶりの成田、早々のディレイ

Sponsored Link

ヨーロッパに荷物7キロって…

“制限が7キロって、相当厳しいよね。”
“スーツケースだと、もう不可能な荷物重量だよな。”

チェックインカウンターに並んでいたら、そんな話し声が自然と聞こえて来た。

“ってか、体重を含めた重量にして欲しいよね。”
“あ、分かる。俺、かなり、コンパクトに生きて来たのに、100キロの巨漢と荷物の重量制限が一緒ってのは、解せないよな…”

 

ボク:“…………。”

何だか、その気持ちが分かる気がした。

大学生ぐらいの男性2人組だったけれども、そんなコトを思うのも、日本人だけなんだろうか。

そして、話を聞いていると、どうも行き先が一緒だった。

 

ってか、ヨーロッパに行くのに、受託手荷物制限が7キロって、結構、難しくない?と思ったけれども、夏だし、短期間だったら問題がないのかも知れない。

と言いつつ、ボクもPCのサブバックが無ければちょうど7キロ。

お味噌汁とかおつまみとかも入っていながら、それで収まっているから、まぁ、なんとか行けるんだろう。

 

それにしても…

 

4時間のディレイ。

最初、日本発便は2時間のディレイで、経由地である香港発の乗り継ぎ便の遅れが4時間だったのが、いつの間にか、日本発便も4時間の遅れになっていた。

まぁ、台風が香港に来ているらしいから、仕方が無いんだけれども。

 

これ以上、遅れないコトを願うしかない。

ミールバウチャーも出たしね。

さすがこう言う対応はフルサービスキャリアのキャセイならでは。

同じく香港を拠点にしているLCCの香港エクスプレスの夕方便(16:25発便)は欠航のアナウンスが掛かっているんだし、飛んでくれるだけマシと思うしかないんだろう。

LCCが隆盛を迎えている空の世界だけれども、今回は、LCC利用じゃなかったコトに感謝するしかない。

久しぶりの成田空港

それにしても…

 

久しぶりの成田空港。

前回、南米を旅した時は、トランジットで利用したけれども(羽田→仁川→成田→ダラス…と言う旅程だった)、成田から出発したのは、いつ以来だろう…と思ってみたら、多分、6,7年ぐらい前の南部アフリカを周遊した時以来なんだと。

どんだけ成田から遠ざかってんだろう、オレ。

仮にも日本の玄関。

今でも、日本の空の玄関口と言えば、羽田よりも成田なのに…

仕事し始めたら、成田が使えないってのが、大きかったけれども、かつて伊丹空港の近くに住んでいた身としては、成田の騒音問題と言うのは、理解出来る話だし、寧ろ、政府の無理解と無力さを利用するたびに考えてしまうけれど、利用者にとっては、不便な空港であるのには変わりなく。

色々と手を入れているけれども、ちょっと古臭さも感じる様になってしまったしね。

でも、そんな成田からの出発。

そして、かなり好きなキャセイ。

 

だけれども、大幅ディレイ。

んで、いつも以上に旅程、決めてないし、そんなに期間も長くない。

果たして、この旅、どうなるんやろ…
めいっぱい、楽しみたいとは思うんだけれど。

 

って、気が付けば、日本初の遅れが5時間になった…

ん?

 

そもそも日本から香港って5時間も掛かるんだっけ…?

どんだけ遅れるよ…






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください