どうしようっ!!身体が浮くよ、マジで!!

Sponsored Link

辿り着いた湖

ようやく到着した湖。
ほとんど同じ場所に3つの小さな湖がある感じ。

事務所で入場料を払って、早速、左回りで湖に向かってみる。

この湖が一番、名前が知られている湖(ツアーとかでもこの湖の名前で売っている)ので、大きな湖かと思いきや、そこまで大きくなかった。

しかも…

 

水、ほとんどないし。

(;´Д`)

ってか、世界でもかなり乾燥している地域になるのが、このアタカマ。
不毛な大地とも言われる場所なんだから、そんなに水がたんまりある訳がナイ…と、改めて思いつつ、サッサと次の湖に向かってみたら…

水、あるやん。

んで、3つの湖の中で、唯一、遊泳が禁止されていないのが、この真ん中の湖と言うコトで、早速、湖に足を付けてみる。

 

つ…冷たい。

午後の一番暑い時期になりつつあるアタカマ。
ただでさえ暑いエリアの、一番暑い時間帯だから、冷たく感じる訳がナイと言いたい所なんだけれども、ホントに冷たい。

ってか、冷たすぎやろっ、コレ。

でも、透き通った水。
事務所側から進んで行くと、浅瀬が続いていて、足を付けているだけで、気持ちが良い。

浮くんです、マジで。

が…

この湖は、足を浸しに来た訳じゃなくて、“浮き”に来たのです。

と言うコトで、冷たさをこらえて、浅瀬から水深のある場所へ。

そして、恐る恐る身体を水に預けてみたら…

 

ふわっ。

 

もう、そんな感じ。

 

ふわっ…ですよ。

世界で天然成分だけで浮くのは、ココと死海しかないとも言われているらしいのですが、ホントに、浮きます。

面白いぐらいに。
それだけ塩の濃度が濃いと言うコトになる訳ですが、水も青々としていて、キレイに見えるし、何よりも“浮く”と言うのが、楽しい。
理屈とか理論じゃなくて、もう単純に、楽しい。

イエ~イって状態です。

まぁ…
その後、身体も水着も塩・塩・塩って感じでしたけれどもね。

ちゃんとシャワー(水)があるので、その場でしっかり流せるのは嬉しい所(更衣室なども完備されていて、キレイです)。

 

いやぁ…

満足。

しかも、人もほとんどいなかったし。

 

それからアタカマの町まで戻った訳ですが、さすがに体力的にもしんどくなって来ていた我々。本来は、月の谷まで行くつもりだったのですが、高低差がややある道だと言うコトと、帰りは日没後に帰って来るのが億劫になって、町外れまで行った所で月の谷は諦めるコトに。

で、その町外れに移動式のカフェが出ていたので、グビッとフレッシュジュースを。
動いた後の飲み物って、やっぱり爽快。

でも、自転車レンタルして、ホントに楽しかった~。

 

ぜひ、おススメです。

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください