2017-02

04.Central/South America

奇跡の夜景:ミラドール・キリキリ

名前がかわゆい展望スポットへ ロープウェイを降りて、そのままタクシーを捕まえて、ミラドール・キリキリへと5人で向かう。 ミラドール・キリキリ。 岩手にも吉里吉里と言う地名があるけれども、かわいらしい地名が付いた展望スポット。 っ...
04.Central/South America

ラパスならではの移動手段?アトラクション?

ラパスにいる様に思えない!? おばプロを見て、会場で一緒になった日本人旅人と、エルアルトからの夜景をちらりと見ている内に、ミラドールにも行きたくなったので、下山。 因みに、エルアルトには観光客が気軽に訪れるコトが出来る様な展望台が、ほと...
04.Central/South America

爆笑のラパス・おばプロ

おばプロは2か所でやっている!! エルアルトの次は、そのままおばプロへと突入。 場所が今一つ分っていなかったのですが(因みに、実はおばプロは2ケ所でやっています)、Ceja近くの体育館で毎週日曜日開催のおばプロに。 因みに、も...
04.Central/South America

エルアルトの古着市に行ってみる

エルアルトの古着市に行ってみる ボリビアの事実上の首都であるラパス(憲法上の首都はスクレ)。 谷底に広がる街だけれども、谷の上にエルアルトと言う街がある。 一般的に低地の方がお金持ちが集まり、エルアルトの方が貧しいラパス事情なのだけれ...
04.Central/South America

ラパスで10年ぶりの再会

10年ぶりに再会 ラパスでまずしたコト。 それは10年前と12年前にお世話になっていた宿(アロハミエント・サンタクルス)の管理人のロシオと会うコトだった。 残念ながら、その宿は、日本人をメインに流行っていたのだけれども、契約更新が上手...
04.Central/South America

ルレナバケからラパスへ、標高差3,000メートル以上の移動

標高差3,000メートル以上の移動へ ルレナバケからラパスへのバスは思ったよりも本数があった。 ロンプラ的には24時間程度と書かれていたので、ラパスには昼ぐらいに着ける便が良いなぁ…と思ってバスターミナルに行ったら、そんな掛からない...
07-03.C/South America

ルレナバケの宿:Hostel Pahuichi

夜遅くで日付が変わる寸前だったので、ドミトリーを避けたかったのと、WiFiにマナウス以来、久しぶりに繋げたかったので…となると、ここ一択になった感じ。ただルレナバケはボリビア側のアマゾンツアーのベースになる町なので、宿自体は、そこそこ数があ...
04.Central/South America

ルレナバケが街に見えて来る。

川がある生活も、ココでお別れ 思いの外、早く到着したルレナバケ。 バスターミナルからモトタクシーに乗って、スグに宿探しして、チェックイン(昼は5ボリ、夜は10ボリ)。 何とか日付が変わる前にベッドで落ち着くコトが出来た。 っ...
04.Central/South America

悪路の移動になる予定だったのだけれど。

3日間の移動予定が… 何気に3泊もしてしまったリベラルタからバスでルレナバケへと移動。 ロンプラさん的には、 “3日掛かる場合がある” “バスを後ろから押す場合がある” と最悪なコトしか書かれておらず、雨季の移動時には...
07-03.C/South America

リベラルタの宿:Alojamiento Medrano

ブラジルとの国境の街のグジャラミリンから乗った車の日系2世の運転手に連れて行って貰った宿。 リベラルタの宿情報をほとんど持っていなかったので、助かりましたが、宿自体は、何軒かありそう(バスターミナルの近くにもあったし、maps.me的...
04.Central/South America

世界で一番まずいタバコがココにある

終始、雨のリベラルタ ボリビアのリベラルタ到着。 最初、1泊だけにしようかな…と思っていたけれども、バスの都合もあって、何だかんだと何もするコトが無いのに、3泊もしてしまった… 大雨が降った…と思ったら、いきなり止んで、そして...
04.Central/South America

いざ、ボリビアへ!!

ボリビアとの国境を目指す ポルトベーリョからのバスは、ボリビアに移住する家族連れの多い荷物と、寧ろ、そのおまけの様にすら見えるボクらを乗せて、定刻通りの10時半に出発した。 荷物が多すぎて、バスの下のトランクルームが1ブロック、ほぼ...
04.Central/South America

アマゾン船旅の攻略法とまとめ

今回の記事は、アマゾンを船で旅する人向けの攻略法と言うか、まとめ記事になります。 実際に乗ったのは、マナウス~ポルトベーリョと言う、一番、旅人が乗らない区間になるので、他の船とは違う箇所がちらほらあるかとは思いますが… ハンモックの位置...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #9 下船:乗船135~140時間目

久しぶりの陸上へ!! ポルトベーリョの港に船が到着。 ここから先は、バスで移動になるので、深夜1時で仕方が無いけれど、バスターミナルまで向かってしまおうと思った。 これから宿に移動して…なんて言うのが、ちょっと億劫だったし。 ...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #8 到着:乗船125~135時間目

最後の夕焼けは、一番のキレイさだった あとちょっとでポルトベーリョ。 到着は、確実に日没後になるし、もしかしたら午前1時の夜行バスにも間に合わないかも知れない。 でも、そんなコトを忘れさせてくれる様な夕暮れが、今日は広がっていた。...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #7 展望:乗船120~125時間目

ロンプラと格闘、そして、読書 久しぶりにロンプラを見てみる。 ポルトベーリョから国境の町まで夜行のバスがあるらしい。 午前1時発。 これに乗れれば、ブラジルの高い宿代が浮く訳だが、国境の町の宿のWiFiがどれだけ繋がるんだろ...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #6 怠惰:乗船100~120時間目

100時間でHumaitaの街に到着 乗船して103時間。出港してから93時間目の大体17時過ぎに、Humaitaの街に到着。 今まで通り過ぎて来た街の中でも大きい街だったみたいで、半分近くの人が下船した。 100時間が過...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #5 時間:乗船77~100時間目

暇つぶしとの戦い 宮部みゆきの『火車』(新潮文庫・刊)を完読。 火車 (新潮文庫) 新品価格 ¥1,069から (2017/2/10 03:01時点) ってか、こんなに早くに読...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #4 欲望:乗船53~77時間目

一応、こんな船の構造… 降ったり止んだりの天気。 そう言えば、船の説明をしていなかったと思うので、改めて。 3層構造の船。 最下層が車や荷物レーン。 中層がハンモックゾーンと6部屋のスイートルームに食堂、トイレ、シャワーな...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #3 激暇:乗船44~53時間目

ハンモックの正しい眠り方 乗船して44時間目。 出港してから34時間目の朝6時に起床。 6時半には朝食タイムになっていたけれども、まだ持参していたパンがあったので、コーヒーだけ飲むコトに。 コーヒーと、多分、練乳。 甘った...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #2 暇人:乗船12~44時間

船上での初めての夜 出港した後はもう真っ暗。 辛うじて青いライトが光っているだけで、するコトもないし、外も真っ暗闇で何も見えないから、寝るしかない…と言うコトで、早々と就寝。 写真で見ると、どっかのクラブかDiscoの様にも見えな...
04.Central/South America

アマゾンを船で下る #1 出港:乗船0~12時間

アマゾンを上る船にバタバタの乗船 朝、パラグアイのペンこばとここマナウスで一緒にジャングルツアーに行った2人を見送る。 朝6時半。 これから彼らはベネズエラトランジットのマイアミ。 マイアミは羨ましいけれど、ベネズエラトランジッ...
07-03.C/South America

マナウスの宿:Local Hostel Manaus

セントロまで歩いて行けて、アマゾナス劇場にも1ブロックと言う立地至便の宿。 宿の場所は2ケ所あって、ほとんど十字路の向かい側に2つが位置している感じ(多分、拡張したんだと思う)だけれども、どちらにも受付があるので、別に最初、どっちに向...
07-03.C/South America

アマゾンツアーで訪れた宿

名称が不明の宿。 ツアー料金に全て込みだったので、ツアー客以外も受け付けているのかどうかすら分からないけれど、恐らく、個人手配で行く人はほぼ皆無だとは思うけれども(地元民が泊まるとしても年に何回あるかどうかのレベルだと思う)。 ...