バンコクでタイ・マッサージを受けてみる

Sponsored Link

染色して、ちょっとまったりしたら、もう午後の良い時間になっていて、さて、どうしようかな…と思いつつカオサンを歩いていたら、やたらとマッサージの客引きが多い。

マッサージか…と思いつつ、そのまま歩いていたら、いつの間にかカオサンから運河を渡っていて落ち着いたエリアに。

そこでマッサージ屋に入ってみました。
因みに、カオサン以外だと、マッサージ屋と称しつつ、性感マッサージとかも多いのですが(特にバンコクの繁華街)、多分、客引きがいればすぐに分かるかと。
大体、“オニイサン、マッサージィ”と言いながら、腕を掴んで来ますから。

img_4249さて、色々とコースが分かれているのですが、今回は、肩と背中のマッサージ。
写真で言う所の、一番右の“Back-Head Shoulder”と書かれている、そのまんまのコースです。

とは言っても、実はボクは肩がほとんどナイぐらいのなで肩なので、ほとんど背中メインになるんだけれどもね。どの人にも“なで肩すぎる”と言われるぐらいのなで肩なんで。

さて、いざコースを決めて店内に入る。
フットマッサージだと、通りに面していて外からも丸見えの席で行われるんだけれども、全身だったりオイルマッサージや肩・背中のマッサージは、どのお店も大抵、奥とか2階とかにある部屋に通される。

まずはお着換え。

用意されたラフな服(訪れたお店はハーフパンツが用意されました)に着替えて、早速、うつ伏せになってスタート。

因みに、施術はちょっと腕力の在りそうなぐらいのおばさまでした(お姉さまだったら、嬉しかったのに…と思ったのは内緒デス)。

揉まれると言うよりも寧ろ、ググッと身体を伸ばされたり、押されて刺激されたり、伸ばされたり、押されたり…の繰り返し。

これは…

 

アカン。

アカンすぎる。

 

痛い。

 

でも、気持ち良すぎる。

(´▽`*)

なで肩でほとんど肩がナイので、逆に背中とか首に負荷が掛かっているのは、自分でも分かっていたのだけれども、それがドンドン解き放たれて行く。

img_42481時間のコース。

ホントにあっと言う間だった。
もう少し長いコースにしたくなるぐらい。
始める前は、さすがに2時間コースとかは長すぎるよね…なんて思っていたのだけれども、それでも良かったかな…と思いたくなるぐらいだ。
そして、終わった時には、身体が少し軽くなった感じがして、知らず知らずのうちに、身体には色んな負荷が掛かっているんだな…と、納得してしまう。

そして、値段も安い。

1時間で250バーツだなんて、どんな価格設定だよ…と、日本人的には思ってしまうけれど、250バーツあれば、宿でビールが4本は飲めてしまうから、現地で考えると、そこそこの値段設定だったりはする訳ですが、これなら滞在中、何度となく来れてしまうじゃないか!!と思わざるを得ない。

ってか、何度となく来て、癖になってしまったらどうしよう…
だって、日本でタイマッサージを受けようとすると、やっぱり結構なお値段。
そりゃ、1回だったら全然アリなお値段だけれども、何度となく通うとなると、手痛い出費になってしまうぐらいだモンね。

でも…

バンコク滞在中、何度か、来てしまうだろうなぁ…

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。