アルシンアラシャンの宿

Sponsored Link

宿自体は4~5軒ある(と言うか、アルシンアラシャンには宿しかないと言う方が正しいのかも知れない)。
ハイシーズンでトレッキングをする人ばかりだったけれども、多分、何処かしらには空きがあるのでは…と思うが、ヨーロピアンが思いの外、大勢いる。

泊まったのは一番奥にあるVIP TOURS。
カラコルから歩いて行くと、唯一、橋を渡った所にある宿になる。

なので、この宿だけ山陰に入るのが早かったりもするけれど(他の宿は谷の東側にあるので、西日が当たる)。
部屋自体はキレイに掃除されている感じがしますが、特段、部屋に何かがある訳じゃなくて、二段ベッドとストーブだけしかない。

IMGP6534

夕食はサラダといわゆるピラフ。
山の中の村なので、全然期待していなかったけれども、全然しっかりとしている感じ。

まぁ、最初の期待値が低かったから、そう思っただけかも知れないけれど。

スタッフは1人だけ英語が通じるけれども、他の人は全く。
でもフレンドリーな人がほとんど。

風呂は温泉でほっこり。1グループ40分入れる。湯温は個人的にはちょうど良かったが、1グループが入ると40分は待たなければならないので、早い者勝ちと言う感じも。宿自体にシャワーはないので、早めに入った方が良いと思う。

部屋とユルタで選べるが、値段は一緒とのコト。

薪ストーブを入れてくれるので、寝る時は暖かいが、朝の冷え込みは夏でも厳しい。部屋を選べば薄着でも耐えられるとは思う(因みに、朝は窓にびっちりと結露が出来ていました)。

IMGP6613

個人的な装備としては半袖とウィンドブレーカーを着て、予備に長袖1枚しか持って行ってなかったけれども、何とか耐えしのげたと言うレベル。雨が降ったらグッと気温も下がると思われるので、1泊と言えども、もう少し装備は欲しかったかなぁ…と。


VIP TOURS

6人ドミ:500ソム
夕食:250ソム・朝食:120ソム
入浴料:200ソム
WiFiなし
電源なし(電気はあるがソケットがない)
トイレは屋外に別途ある
薪ストーブアリ
アクセス:カラコルから来ると、一番奥の宿で川に掛かる橋を渡ってスグの宿。橋を渡った目の前なので、すぐに分るかと思う。トイレなどは外に出ないといけないので、念のため、ライトがあった方が良い。まぁ、ケータイのライトで十分だとは思うけれど。一応、他の宿で水とかも買えます。

因みに、基本歩く人がほとんどですが、馬でカラコムまで行ったり、ジープで~なんて言うアレンジは出来る(カラコムで色々と手を打つ方が良いけれど)。また、ポーターや車で荷物だけ運んでもらって、身軽な状態で歩くコトも出来る(それがアルシンアラシャンから出来るのか、3日コースでも出来るのかは不明)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。