ローカル感残る伊丹空港でたこぼんについ引き寄せられる

Sponsored Link

今回の大阪は、私用であって観光とか皆無だったので、道中の話は何もなく…
前回、“大阪に行ってるんだぁ…”なんて思ってくれて、何かしらの記事を期待された方が、万が一、いらっしゃったら、ごめんなさい。

早速、帰路の話です(笑)。

千里地区に用事があったので、帰路は新幹線でも良かった。
いや、ホントならば新幹線が良かったのは間違いがない。
やっぱり本数が多いので、帰りの時間が読めなくても、ひとまずはどうにか飛び乗れますしね。

でも…
ここで飛行機を選んでしまうのは、マイルを稼いでおかないと…と言う気持ちなんだと思う。

そう言う所に負けてしまう自分がいます。

大阪から東京まで、そんなに大したマイル額にもならない訳だけれども、マイルの積算は、やっぱり塵も積もれば…なので。

ローカル感の漂う不思議な空港 

モノレールで大阪空港へと移動。
いわゆる、伊丹空港ですね。

個人的にとっても好きな空港。
その理由としては…

  • 都心から近い
  • ターミナルがコンパクト
  • ターミナルが古臭い
  • そらやんがかわいい(空港のキャラクターです)
  • 昔、近くに住んでいた

多分、最後と2番目辺りの理由が大きいかも。
古いながらも、改修を続けているので、そこまで不便するコトはないですが、それでいてローカル感が残っている。
でも、国内では利用者数はかなり上位に入ってくる不思議な空港です。

ひとまず予定が早めに終了したので、空港に来てみたけれども…

さて…
どうしよう。

ひとまず展望デッキに行こうかな。
いや、まずは喫煙所(伊丹空港の喫煙所、ゆったりで好きなんですよね…)。

んで、その後のコトを考えてみる。

社食の様な、そうでもない様な、オアシスと言うお店に行くのもアリだな…と思う。
伊丹空港は大規模な改装・改修工事が予定されていて、いつまでもオアシスが残るか、分からないしなぁ…なんて思いつつ、つい入ってしまったのが、たこぼん。

ターミナルビル内に2店舗持っていますが、広い方のお店に、つい引き込まれてしまいました。

基本的には、お好み焼きとたこ焼き屋。
大阪特有のちょっと甘めのソースが何とも言えないお店なのですが、頼んだのは…

やきそば。

IMG_1977[1]

いや…
軽く、サクッと食べたいだけだったので。

列が出来る位に人気のあるお店だったりしますが、空港の中にあるお店と言うコトで、案外、回転もいいので、列の割に待っている時間は短いかも。
ただ制限区域外なので、そこまで時間のある人も少ないかとは思いますが。

お店自体は奥のオープンスペースで焼いて、持って来てくれるタイプ。
これで自分で焼くスタイルだったら、時間が掛かってしまうかも知れませんけれどもね。

それにしても、大阪でお好み焼きと言えば、全国規模のチェーン店もある。

その中で、あえてチェーン店でもなんでもないお店が頑張っている。
そう言えば、この空港、全国的なチェーン店がかなり少ない。

モスバーガーにスターバックス。

ない訳ではないけれども、やっぱり他の空港と比べると、少ない気がするのは、自分自身が羽田に慣れてしまったのかな?

でも、これだけ頻発に飛行機の離発着があるのに、このローカル感をしっかりと維持出来ている空港なので、改装になっても、雰囲気は残って欲しいなぁ…とも。

オアシスなんて、いまどき、アジアの空港ですら見当たらなくなってきた空港内の社食に、無関係の一般搭乗客が入れてしまうローカル感。

ガラス張りで何処を見ても同じ様な空港が多い中で、やっぱりこの味のある伊丹って、好きだなぁ…なんて、やきそばを頬張りながら思う訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。