急遽乗った新幹線は快適だった。

Sponsored Link

さて、元々の用事を済ませて、帰宅の途を前に、何処で腹ごしらえをしようかな…なんて考えていたら、1本のメールが。

夕方なのに、霧って何よ…!?

JALからだった。
早速読んでみると…

 

今日の搭乗予定の便が、欠航になりました。 

 

と言うお知らせメール。

 

ん?

 

欠航?

 

 

(゜レ゜) 

 

 

欠航っ!!!!!!! 

 

なんと!!!

 

思わず目をゴシゴシして、届いたメールをもう1回、読んで、それからHPに飛んで、自分の搭乗予定便の運行情報をチェックしてみても、やっぱり…

 

欠航。

 

 

 

ホンマや。

IMG_1967

Oh,My God!!!!

まさにそんな感じ。

でも、空港に行ってからの欠航じゃなくて良かった。
ひとまず対応策を考えてみる。

最終便ではないけれども、機材トラブルではなくて、羽田空港近辺が霧に包まれていて離発着が出来ないと言う理由みたい(因みに月曜日の話です、念のため)。
ってか、もう夕方。
これが朝便ならば意味が分かるのだけれども、夕方便で霧の為、欠航って、どう言うコトよ…

でも理由がそう言う理由ならば、きっと最終便が飛ぶかどうか、怪しい所。

それならば、伊丹に行くよりも、さっさと新大阪に向かっておいた方が良さそう。

 

ってか、行きのバスのダウングレードといい、帰りの欠航といい…

 

どれだけツイてないんだろう。

 

でもゴネていても仕方がないので、すぐに新大阪に移動して、新幹線の切符を購入する。
2人座席の窓側を選んだら、喫煙スペースから遠い車両になってしまったけれども、これは仕方がない。

バタバタ。

ホントにそんなコトバが当てはまる旅だった。
でも、帰りを新幹線にしたので、身体的には少し楽だった感じが。

 

やっぱり足元は広いし。

タバコ吸う場所有るし。

 

飛行機は早いけれども、東京と大阪の間くらいならば、新幹線の利便性とか快適性には勝てないモノです。

何と言っても、当日行って、当日切符を買って、それで乗れてしまう訳ですから、それは飛行機にはナイ利便性(いや、もちろん、飛行機だって当日切符を購入するコトは可能ですが)。

IMG_1968

ってか、新幹線、便数多すぎじゃない?
埼玉の片田舎の我が家の最寄駅よりも、もしかしたら全然、本数が多いかも…

それをこれだけの高速で走らせると言うのは、やっぱり脱帽です。

たまに飛行機。

たまに新幹線。

そのいいバランスで旅が出来ればいいのですが…

 

 

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください