松本のゆるキャラ“まつもとくん”

Sponsored Link

昔から“ご当地モノ”ってのは、ある国ではあって、○○キティちゃんとか、○○チェブラーシカだとか、そんなご当地グッズってのがありましたが、昔と違うのは、ご当地グッズではなくて、最近は、空前のゆるキャラブームに後押しされて、ご当地にしかいないキャラが幅を利かせつつあるって言うコト。

いや、別に悪いコトではない気はしますが…

松本市非公認キャラ・まつもとくんに遭遇!!

松本駅に降り立って、最初に見えたモノ。
それがご当地キャラでした。

本来ならば、嬉しいんですが…
何だかみんな、恐る恐る近付いては、写真に収めて行くって感じ。

話題になるかな…みたいな、そんなノリ。

それもそのハズ。

l4P1hgwb

まつもとくん。

何気に…
不気味。

いや、不気味と言うか、何をイメージしているキャラなのか、さっぱり分からなくて…

しかも、松本市“非”公認キャラクター。

 

そりゃ…
非公認だよね…って思ってしまう。

確かに、緩い感じだから、“ゆるキャラ”なんだろうけれど、“ゆるキャラ”の定義って、何なんだろう…って、何となく考えてしまいたくなる様な、そんな不思議さも。

imagesマンガ調にしてみると、こんな感じ。

 

あ…これなら、まだ“ゆるキャラ”に見える。

何処かの戦隊ヒーローモノの、ちょい悪キャラ(でも、憎めない感じの)に見えなくもナイですからね。
あり得そうだし。

 

 

ゆるキャラの魔力

でも…

三次元にすると…

l4P1hgwb

 

こうなる訳です。

 

それでも、恐る恐る、近付いてしまう自分がいるのも、びっくり(因みに、駅前にいたのは、左側ではなくて、右側でした…左側だったら、まだかわいさが若干残っているのですが…)。

ご丁寧にビラ(しかもポケットティッシュ入り)まで配っているんですが(勿論、ちゃっかり貰ってしまいました)、そのビラの裏側が、塗り絵になっているのも、何だか笑えてしまうのですが、それよりも何よりも、この右側のまつもとくんが、“声を出している”コトにびっくり。

ジェスチャーじゃなくて、会話が出来てしまうゆるキャラって、そんなに多くはナイと思うのですが…

ってか、会話が出来てしまう時点で、着ぐるみ(って言っちゃいけないのかしら)じゃなくて、かぶり物って感じがしてしまうんですけれどもね。

何だか訳の分からないキャラ。

でもツーショットまで撮ってしまう自分。

恐るべし、ゆるキャラの魔力です。

因みに、キャラ設定は小学3年生の男の子らしいです。

小学3年生って…

無理がある。

そして…
こんな動画まで作っていました…

第2弾もあるみたい…
ってか、これ、全然、緩くない(笑)。

こんなまつもとくんが出迎えてくれましたが、結局、このキャラ、よく分からんままだったなぁ…
何処まで松本市民に知名度があるんだろう。

ゆるキャラも…
他と差別化を図って行かないといけない時代になっているから、大変だなぁ…なんて思うけれども、くまもんやふなっしー、ひこにゃんがやたらと成功したから、それに続きたくなる気持ちは、分からなくもないですが。

ってか…

もう…

ゆるキャラって、何よ。

何だか、根底を考えてしまいたくなる様なお出迎えでした。

あ、因みに、ボクが好きなゆるキャラは、宮崎の“みやざきけん”の3匹です。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください