JALアプリで富士山どっち?

Sponsored Link

ボクの使っているケータイは、iPhoneなのですが、実は、アプリ、そこまで入れてません。
特に、ゲーム系のアプリは、極僅か。
逆に、写真のフィルターアプリと、旅行に関するアプリばかりがやたらと目立つような…
もうちょっと日常生活にもアプリを活用しなくちゃ…と思いつつ、電車の移動中は、大体、眠っているので、そこまでアプリで何か…と言うコトもなくて。
何か、面白いアプリ、ないですかね…

JALのアプリがリニューアル

JALからもアプリと言うのは、何本か出されていますが、この度、“JAL国内線”アプリがリニューアルされました。IMG_0864

今回のリニューアルのポイントは…

“カンタン・便利・スピーディー”がテーマになっており、デザインと操作性が一新されると共に、アプリ機能による利便性と快適性の向上が図られています。

 

ってか、前のアプリはやや野暮ったい感じだったので、ようやくのリニューアルと言う感じがしますね。見易さも増した感じがあります。

ホーム画面が新設されているので、使いたい機能にもスムーズに移れるようになっていますし、シェイクすると選択内容の履歴がクリアされるなど、スマフォならではの機能も搭載された感じです。

JAL Countdownアプリをインストールしていると、搭乗便までをカウントダウンする機能もあるし、QuiCアイコンをタップすると、搭乗用バーコードの表示も。

因みにJALは現在、

・国内線
・先得カレンダー
・国際線
・Countdown
・タッチ&ゴー(Androidのみ)
・JAL Schedule
・JAL×787
・ライブ壁紙スケジュール版(Androidのみ)
・JAL沖縄

などのアプリを提供していますが、個人的には、もう少し、ひとまとめにならないのかなぁ…と言う感じもあったり。
全部のアプリを入れると、ホント、それだけでJAL専用のフォルダーでも作らないと、一気に画面が埋め尽くされてしまう…ぐらいな勢いですからね。

 

 

富士山どっち?

さらに今回のリニューアルでの特筆ポイントとしては、他に、“富士山どっち?”と言う富士山がどちら側に見えるかを検索出来る機能も搭載されました。

“要望が高かった”とあるのですが…IMG_0863

そんな要望、高いのかなぁ…なんて思いつつ、確かに、富士山が左側か右側か、どちら側で見られるのかは、1回気にしちゃうと、気になる所なので、面白い機能ですよね(日本人だけかも知れませんけれどもね、気になるのは)。

全く要望はないでしょうが、個人的には、

“お手振りどっち?”

の機能も欲しいですけれどもね。
いや、そもそもお手振りと言うモノ自体があまり一般的ではないかも知れませんが、暑い夏でも、寒い冬でも、雨が降っていても、外でお手振りしながら見送ってくれるスタッフの姿を見ていると、

“日本っていいなぁ”

なんて思うし、そう思ったまま、旅に出れるのでね。

まぁ…
書いていて何ですが、全く、需要がなさそうですけれどもね(笑)。

寧ろ、

“CAどんな人?”

みたいなアプリの方が、人気が出そうですが、これはこれでまた違う人気になりそうなのですけれどもね(笑)。

でも、富士山が見える側って、路線によって、こんなに違うんだなぁ…と、改めて実感です。
どちらかと言うと、羽田発だと右側のイメージが強いので。

ともかく、今後のJALのアプリの展開にも期待して行きたい所ではあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。