3年ぶりの海外旅行へ

Sponsored Link

まさかのディレイで出発…

仕事を予定通りに済ませなくても、充分に間に合う飛行機。
“あぁ、羽田発着って便利だなぁ”
なんて思いつつ、21時過ぎくらいに会社を出てみる。
すれ違う人はみんな、コートの襟を立てて歩いているけれど、こちらはユニクロのウルトラライトなダウン。
さすがに外は寒く、出来るだけ待たずに電車に乗り込みたなぁ…なんて思っていたら、ちょうどいい感じで、電車が来た。
ま、電車の中の人から見ても、この人が今から、海外に出掛けるだなんて、思わないだろうなぁ~♪なんて、思いつつ、山手線も座れてしまい、幸先の良さにも感謝していたら、直後に会社の同僚からメールが入る。

“飛行機、ディレイだね…”

と。
ただそれだけのメール。
それだけのメールで心が否応なく、掻き毟られてしまいました。

ディレイ…だと!!!!????

そんな馬鹿な…
今回、搭乗予定なのは、LCCではない。
中東のエミレーツ航空。
サービスもすこぶる評判が良くて、新しい機材をバンバン入れては、新しい路線をどんどん設けている勢いのあり過ぎる航空会社。
そのエミレーツがディレイだと!?

別に雪が降っている訳でもないし、まさか…まさか…と思いつつ、気持ちだけが否応なく、焦り始めてしまう。
今回の予定は、羽田からドバイへ。そして2時間のトランジットで、アジスアベバへ。そこからさらに国内線に乗り継ぐプラン。
どの位、遅れているんだろう…
早く、機内に入って寝ちゃいたいのだが…
なんて、思いつつ、羽田空港国際線ターミナル駅にモノレールで降りたって、すぐに電光掲示板を確認してみる。

えーっと…

IMG_1215

ドバイ、ドバイ…

IMG_1215

エミレーツ、エミレーツ…

IMG_1215

あ…

3時間のディレイだ。

何だ、3時間か。
さすがに4時まで起きているのはツラいけれども…

って…

3時間!!!!?????

まさか羽田発が、3時間の遅れだなんて、想定だにしていなかった…

コレってもしかして、乗り継げないんじゃ…

アディスアベバ便、ドバイで2時間の乗り継ぎだっちゅーの。
アディス便に乗り継げないと、その次の国内線にも乗れないじゃない。

すぐに状況を確認すると、何でも、ドバイが砂嵐に見舞われて、発着が大きく乱れているとのコト。

なるほど、砂嵐ね。
なら仕方がな…………

なくないっ!!!!!!

普通、飛行機に乗る場合、チケットって、最終目的地まで通しで買う人がほとんどだと思う
ってか、それが当たり前。

でも、今回のボク自身の旅は、それが違っていて、

・羽田~ドバイ(エミレーツ航空利用)
・ドバイ~アジスアベバ(エミレーツ航空利用:JALの特典航空券利用)
・アジスアベバ→メケレ(エチオピア航空利用の片道国内線)

の3つに分かれていて、そもそも羽田で発券が出来ない様な、そんな状態。

周って来た羽田の人に、
“最終目的地は、ドバイですか?お乗り継ぎですか?”
と問われたけれど、

“乗り継ぎです”

“ロンドンかパリかイスタンブールでしょうか?”

“いえ、アジスアベバです…”
と答えると、

“あ、アジスアベバ…です…ね。少々お待ちを…”
と、妙に間のある返答しか返って来ず、そして、その後も、アジスアベバ便に乗り継げるかどうかの確証はないまま、その対応がどうなるのかも分からないまま。

旅にトラブルはツキモノ。
でも、フライトに関するトラブルって、なんで、こんなに不安になるのだろう。
ってか、3年ぶりの海外旅行なのに、出鼻をくじかれ過ぎである、ホントに。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。