松尾のジンギスカンで、パンチ氏に異変がっ!!

Sponsored Link

そもそも、ジンギスカンって?

さて、無事、「恵迪寮」見学も終え、ピチピチの若さを誇るもう1人の旅人も無事、合流。
パンチ氏・お嬢・姫、そしてワタクシで、サクッと中心部方面に出掛けるコトに。

宿に置いておいた荷物を回収してから、とりあえず喫茶店へ。

 

ん?
宿チェックアウトしてんの?
帰るの、明日なのに??

そうなんです。

お嬢曰く、「カラオケかどっかで過ごせばいいじゃないですか~」的なノリ。

いやいや、こちらもうどっぷりアラフォーですけれど…
北海道に来てまで、オール予定ですか…

君たちの若さ溢れる体力とは違うのよ…と思いつつ、何故か、それに同意してしまう自分がいます。

 

“ま、何とかなるでしょ、日本だし”みたいな(笑)。

 

今回の北海道の“ノープラン”度合が極まっている気がしないでもないけれども…

喫茶後に、向かったのは、ジンギスカン料理のお店。

ジンギスカンと言えば、思い浮かぶのは、歌手の方だし、曲の方なんですけれどもね。

今回は、“食べる”方です、当たり前ですが。

 

ジンギスカン。

マトンやラムの焼肉と言えばいいのでしょうか。

でも、何故、料理名が“ジンギスカン”なのかは、全然、知らないデス。

どう考えても、モンゴルの英雄である“チンギス・カン”から来ているのは、分かるんですけれども、モンゴル料理だとも思えないし(行ったコトないけれど)。

ジュッ、ジュジュジュッとジンギスカン

向かったのは、「松尾ジンギスカン」の札幌すすきの4・2店(南4条西2丁目)。

比較的新しいお店なのか、やたらとキレイです。

少なくとも、ビンボー旅人のボクには、不釣り合いなぐらいにキレイなお店。

コートを預けて、メニューを選んでちょっと談笑していたら、早速、具材が運ばれてきました。

もうこの後は、道民2人にお任せ状態~♪

鍋奉行ならぬ焼き奉行が2人もいると、テキパキとしたモノです。

鍋の低い外周部分で野菜を焼き、中央の盛り上がった所に肉を投入して、ジュッ、ジュジュジュッと。

羊肉の臭みや味がちょっと薄くなっている気がするのは、漬け込んだタレのせいなのかな…と思うけれども、その分、食べやすい感じが。

抵抗なく、胃袋へと収まって行きますね。

って…

ジンギスカンを堪能していたら、何故だかパンチ氏、急速に睡魔が襲ってきたみたいで、箸が完全に止まる(笑)。

 

何故…?

まだ夜はこれからよっ!!と言いたくなるけれども、言っている側から肉がどんどん焼けていくので、食べるに専念していたら、最早、パンチ氏、お眠り寸前(笑)。

昨日の夜はそんなに遅くまで起きていなかったのに、ホント、謎です。

とりあえず、昨夜泊まっていた宿に連絡。

部屋に空きがあるのは、何気に、今朝、確認をしていたので、すんなり部屋を抑えられたのは、幸いで、食後は、タクシーで宿へ戻るコトに。

戻った瞬間に、パンチ氏はご就寝されました。

ってか…

最初から、連泊で取っておけばよかったんだよね、ホントに。

何故、1泊だけの無謀なプランを選択したのやら。

でも、お陰で2泊目もゆっくり眠れたのでヨシとします。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。