キエフの宿(1):ZigZag Hostel

Sponsored Link

Agodaから予約したホステル。

市内中心部にある独立広場まで地下鉄で約1駅なので、20分ぐらいで何とか歩ける距離。

最寄りの地下鉄の駅も歩いて1ブロック半ぐらいだし、駅近くにはマクドナルドからカフェ、ATMなど、そこそこ揃っているので、周囲も問題ないロケーション(ちょっとしたモノが買える様なスーパーがあまりナイぐらい)。

夜もちょっとした飲み屋が何軒かあるので人通りはある。

まず難点なのは、シャワールーム。

カーテンがあるのだけれども、3日宿泊したのですが、3日共に床が派手に水浸しに。
使い方と言うのも大きいのだろうけれど、あまりにも派手に水で濡れていて、ちょっと四苦八苦してしまいました。

多分、朝以外は掃除していないんだろうなぁ…と言う感じが。

途中で1回でも掃除してくれたら、少なくとも足マットに絞れるぐらいの水で浸るコトはないと思うのだが…

そして、マンションの最上階にあると言うのも、何気に面倒ではある。

しかも、このマンションのエレベーターが今にも壊れそうなレトロさ…(笑)
仮に“落ちた”と言われても、ちょっと納得してしまうぐらいの古さ。

あと共有スペースがキッチンぐらいと言うのも、ビミョーに使い勝手が悪い所で、結局、ドミにしか居場所がなく…みたいな感じに。

部屋自体は、大きめの窓もある部屋だったので、昼とかに窓を開けると風が通り抜けて気持ち良く、部屋にもよるかとは思うが、10人ドミトリーの割に面積も広めで大きめのロッカーもあり、それぞれのベッドにコンセントもあるので、使い勝手は悪くはなかった。

シャワールームは水浸しでしたが、部屋の中自体はキレイ。

WiFiもそんなに弱くはなくて、ベッドの上でもちゃんと動くレベル(但し、ボクが泊ったのは下の階だったので、上階の部屋の中となるとどうなのかは不明)。

共同の洗面台も明るくて広めな上に、ドライヤーが掛かっていました。

一応、キッチンもそんなに大きくはないけれどもある。

スタッフは、英語が話せるので(全員かどうかはビミョー)、ちょっとした街での場所を聞きたいぐらいであれば、全然、聞けるし答えてくれるけれども、そこまでフレンドリーって言う感じでもなかったかな。

結局の所、移動をしたのは、宿内が完全禁煙だったのが大きかったかも。

別に1階とか2階にある宿ならば大きな問題じゃないのだけれども、タバコを吸いに、わざわざその都度、靴を履き直して(ウクライナの宿は基本、土足厳禁になっているので)、建物の最上階から1階まで降りるのが億劫で…(笑)。

ただ、建物の最上階にあるので、外からの騒音も皆無なので、何に主眼を置くか…と言うコトになるのだと思う。
値段と部屋の状態と立地を考えれば、キエフの中では気持ち値段が高めのドミトリーだけれども、コストパフォーマンスはそんなに悪くないと思う。

まぁ、元々禁煙で、喫煙スペースがないのは知っていた上で訪れているので、自分が悪いのだけれども。



Zig Zag Hostel

ドミ:1泊5.8US$ (agodaより予約)
住所:Gorkogo St. 3A App.18, Kiev, Ukraine
WiFi:アリ(強め)
キッチン:アリ
朝食:なし
喫煙スペース:なし
ホットシャワー
アクセス:地下鉄2号線のPloscha Lva Tolstoho駅徒歩5分弱。1号線のUniversytet駅(1キロないぐらい)や3号線のPalats Sportu駅も歩いて行ける範囲内ではある。
入る時は、建物の1階の入口のゲートで部屋番号をプッシュしてゲートを開けて貰う形になり(ホステルの看板はあるのですが、特に何番を…みたいな表記はナイので)、中に入ると古いエレベーターがあるので、それで最上階へ向かい(エレベーターが古くて表示が消えてますが、左上のボタンになる)、左側の部屋でインターフォンを押す形。






にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。