幸せなシェア飯

Sponsored Link

アラフォー男子、料理の1つは作れる様になりたい

ブニョールにいる間は、日本人合計で16人も同じ一軒家にいたと言うコトもあるし、そもそも周りに商店がナイ様な宿だったと言うコトもあるし、そもそもヨーロッパは物価が高いと言うコトもあって、ご飯はずっといわゆるシェア飯でした(要するにみんなで自炊すると言うコト)。

が…

単なるシェア飯と言いつつも…

 

これがまた…

スゴいコトに。

 

ってか、毎日、レベル高ぇ…

ってか、最初の方は、ソンクラーンで一緒だったメンバーがメインになって、日本からの支援物資を元にお料理を作って頂きました。

ってか…

 

まさかブニョールに来て、カレーを食べるとは思っていなかった。

さらに揖保乃糸とかも持参して頂いていたので、“もうココ、何処よ!?”みたいな状態に。

ってか、確実にスペインじゃない空間が広がっていましたね。

一軒家借り切りだから、会話も日本語だけだし。

日本からほぼ直でブニョールに入った身としては、日本からの延長がずっと続いている…

まさにそんな状態で、旅に出ているのかすら、分からなくなりそうな、そんな感じでした。

ってか、全員、何気に女子力高くて、びっくり。

何か手伝うコト…と思いつつも、全く入る隙間が皆無なぐらいにテキパキと。

元々、1人暮らしの身なので、毎日料理はしているのですが、歳を重ねる毎に手抜きになっていて、辛うじてコンビニ飯にならない程度になっていたので、料理スキルはほぼゼロなワタクシ。

 

やっぱ…

 

アラフォー男子。

 

料理ぐらい、ちょこっと作れる様になりたいモノです。

 

な~んて言っていても、結局、今回のシェア飯も、手伝う隙が皆無だったので、食べているだけでしたけれどもね。

売り物ですか、コレ的なパエリア。

んで、料理女子3人が先に宿を後にしたので、ラストの1日はさすがに少しグレードが下がるかなぁ…なんて思ったら…

 

最終日のメニューは、パエリア!!!!

 

しかも、他にもポトフとかも。

 

そして、完全に1人にお任せクッキング状態。

“パエリアの素、使っているんで、簡単ですよ~”

 

……。

 

そんなセリフ、言ってみたいわ。

嘘でもいいから、言ってみたいわ、そんなセリフ。

もうそこいらの料理屋に行く必要、皆無じゃないですか、このパエリア。

ってか、そこらのレストランに行って、このパエリア以上のモノが出てこなかった時、めっちゃがっかりするやないですか…レベル。

 

味もそうなんですが、見た目も。

コレ、ですよ。

コレ。

お味もばっちりぐー。
バッチグーってヤツでした。

これがほぼ残り食材って、どう言うコトよ(それだけ食材を余らせたって言う話ではなくて)。

 

食が美味しいって、犯罪だな。

 

何か、ムショーにそう思った。

そして、それと同時に、やっぱり出来るオトコは料理も出来るんだよね。

 

それを痛感。

 

でもきっと、日本に帰った所で、料理に凝るかと言ったら、そんな暇がナイで済ましてしまいそうな自分がいますけれども、とりあえず、リンゴの皮むきからスタートかしら…






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください