バンコクのMBKはスマホのパラダイス

Sponsored Link

見て回るだけで疲れるMBK

焼肉を食べた後は、ケータイを見たいと言う願いがあったので、そのままMBKへと移動。

MBK。

マーブンクローンセンター。

BTSのナショナル・スタジアム駅に直結している便利なショッピングセンター。

東急百貨店も隣接していて、合わせるとホントに巨大な面積を誇るので、ちゃんと回るとかなり一苦労。

あくまでも“大体”ではあるけれど、各フロアーごとに売り場が分かれていて、

  • 1階…ファッション・雑貨・貴金属
  • 2階…ファッション・雑貨・貴金属・コスメ・少し時計:BTSへの連絡口アリ
  • 3階…ファッション・雑貨・貴金属・コスメ
  • 4階…モバイル・電化製品
  • 5階…インテリア・家具・カメラ・本屋・レストラン
  • 6階…タイシルク・アジアン雑貨・ファッション(子供服やスポーツウェア)
  • 7階…レストラン・映画館・ゲームセンター

おおよそだけれども、こんな内容に分かれていて、7階にはアニメイトが入っていたりするのも特徴だったり。

広いと書いたのですが、それよりも何よりも、1つ1つのお店が広くなくて、小さなお店が密集して展開されていると言うのが、最大の特徴の様に思えてならなくて、1つ1つのお店がそこまで広くないので、1つ1つ見て回ると、やたらと時間が掛かってしまったり。

4階はスマホパラダイス

今回の目的地でもある4階のモバイルやモバイル関連のフロアもそんな感じで、所狭しと小さなお店で埋め尽くされている感じ。

ってか、MBKに来たのは、久しぶりだったのですが、いつの間にこんなにモバイルばかりのフロアになったんだろう…
昔は、もう少し、色んな電化製品のお店があったモノなんだけれど。

まぁ、それだけ需要があるってコトなんでしょうね。

今回はあくまでも“付き添い”だったのですが、バンコクでケータイを買うのならば、やっぱりMBKは外せなくて、低価格帯のSIMフリーケータイがずらり。

ココに来ると、日本のケータイ事情が“ガラパゴス”と揶揄されるのも、納得してしまう感じがあるのですが、万が一、iPhone SEの128Gが売っていたら買うかもなぁ…なんて思っていたのですが、さすがにSEが売っていても、128Gのは見受けられませんでした。

残念。

まぁ、もし売っていたとしても、iPhoneの場合、タイだからと言ってもそんなに安くはなくて、TAXのリファウンドが可能な店なら…と言う前提付きだったのですけれどもね。

でも、ZenFoneとか、やっぱり安い。
LENOVOとかも。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16

新品価格
¥29,800から
(2017/6/28 01:37時点)

Zen Fone5はその性能と値段から考えると、恐ろしくコストパフォーマンスが良いケータイで知られていますが、日本で買うよりもさらに1万円以上は安かったりするので、ただでさえ良好なコストパフォーマンスが、もう無敵な程に宜しくなってしまいます。

因みにこのZen Foneですが、ZenFone4→4S→4.5→5→6と来て、何故かZenFone6の次のモデルがZenFone2。さらにこの後は分かりにくく、ZoomだったりSelfieだったり2E・Maxと来てGo→3になると言う塩梅。

ちゃ、ちゃんと数字順にしてくれないと、もうどれが最新機種なのか、さっぱりです(笑)。

ってか、誰がこの数字を付けてるんだよっ!!と激しく突っ込みを入れたくなるぐらい。

そう言う所が気になるのは、やっぱり日本人だからなのでしょうかね。

やっぱりSamsungとかが人気なのかなぁ…なんて思いつつ行ったのですが、OppoとかAsusとかHuawei、Vivoとかの方が良く売られている感じも。

逆に、日本企業は、ホントにさっぱり。

何とかSonyのスマホが売られているのが、ギリギリと行った所でしたが、そのSonyもコストパフォーマンスで考えると、贔屓目に見たとしても、やっぱり分が悪い感じが。

やっぱり時代の変わり目は早いなぁ…なんて、つい思ってしまうし、もう少し頑張ってくれ、日本の企業よって思ってしまうんだけれども、価格競争になってしまうと、やっぱり勝てないモンね、もう。

それは仕方がナイと言うしかナイのだろうか…

日本が絶頂の頃から旅をしている身としては、ちょっと寂しいモノがありますね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。