ソンクラーン (2) シーロムでバトル!

Sponsored Link

シーロムのソンクラーン様子

ソンクラーン2日目。

初日のカオサンからは離れて、今度は、同じ宿の旅人と、ソンクラーンが盛り上がると言うシーロム界隈へと出掛けてみるコトに。

BTSのサラデーン駅近辺までトゥクトゥクに分乗して、いざ出陣。

到着してみると、サラデーン駅からChong Nonsi駅近くのBTSがカーブする所あたりまでが、歩行者専用になっていて、そこがソンクラーンの水掛けバトル会場と化していました。

はぐれてもいい様に、戻りと集合を決めてから、いざ、出陣。

カオサンよりも、タイ人比率が高い様に思えるのが、この界隈。

でも、外国人が皆無かと言われたら、そんな訳はなくて、外国人旅人の姿も、勿論、見受けられます。

んで、何よりもカオサンと比べると、

“氷水”

の割合が高い。

お陰で、水を掛けられると、冷たさが倍増。
ってか、テンションがマックスになるまでは、さすがにこの氷水を掛けられると、心臓が飛び出すかと思っちゃいましたが、さすがに最後の方は、ある程度、慣れましたけれども(なので、カオサンよりも水の補充は高めで、基本、10バーツ。5バーツで補充してくれる場所がほとんどなかったです)。

ひゃほーい。

もう、昨日同様、水を掛け合うとテンションが必然的に上がり始める自分がいます。

女の子目掛けて突撃!?

ソンクラーン2日目。

さすがに昨日よりも慣れました。

格段と、狙いを定められるようになったし。

すると、どんな感じになったのかと言うと…

Photo-by Masami

 

こんな感じで、こそっと打てるようになりました(笑)。

いや…

全然、目立ってますけれどもね。
全く、こそっとって感じじゃない。

更に言うと…

Photo by-Yusuke

カワイイ外国人を目掛けて打てるようになり、そして、写真なんかも取って貰えるようになりました!!

 

何処の国の旅人なのか分からんけれども、カワイイから許す!!

カワ(・∀・)イイ!!

 

 

何だろう…

このメンズ陣のテンションの上りっぷりは(笑)。

因みに、タニヤまで程近く…と言うコトもあって、レディボーイの姿もチラホラといましたが、間違っても、その方々には、水、掛けませんでした。

だって、下手に打ったら、男性に戻っちゃいそうだったので(笑)。

カオサンよりもおススメかも。

でも、シーロム界隈は、カオサンよりも個人的にはおススメ度が高いかも。

と言うのも、まず、歩行者天国になっているのは、カオサンと同様なのですが、そもそも何となく一方通行になっているので、歩きやすさがあると言うのが大きい。
カオサンは、一方通行にもなっていない上に、人出がスゴイので、歩くのもままならない感じがあったので。

またルンピニー公園がサラデーン駅の向かいにあるので、疲れたら休みやすいと言うのも、おススメ度がカオサンよりも高い理由になるかも。
カオサンは疲れても逃げ場所がお店の中にしかないので、なかなか休まらないので。

でも、やっぱりみんな笑顔。
それに限る。

水を掛けられた方も、掛けた方も、みんなが笑顔でいるのが、何とも楽しい理由なんだと思う。

また来年も来たくなっちゃったなぁ…

【今日の気分】

渡辺美里 “夏が来た”

渡辺美里と言えば、やっぱり夏なんだけれども、この曲はイントロのドラムで一気に持って行く感じのある1曲。

“本当の夏が来た~”

やっぱり夏って、世界の何処にいても、好きだなぁ…と思う。

“夕立の過ぎた後 この街は輝いて…”

夕立じゃなくて、完全に水掛け祭りの水でしたけれどもね。

美里うたGolden BEST

新品価格
¥2,100から
(2017/6/20 04:24時点)




 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。