ボリビア・ラパスで何を食う(4) ボリビア飯編

Sponsored Link

ってか、ココまで一切、ボリビア料理が出て来ていないのですが、さすがにボリビア料理も食べてますよ~!!と言うコトで、チラリと紹介してみます。

【ミルトンの前の唐揚げ屋 (Pio Lindo)】

ミルトンの前に夜に開店するチキン屋(なので、地図はミルトンにピンを打っていますが)。
日本人には唐揚げ屋で知られているお店ではありますが、そもそも日本人がイメージする様な“唐揚げ”と言うよりも、寧ろ、“チキン屋”と言う感じがします。

23ボリでとってもボリュームのあるチキンを食べられるお店。

がっつりチキンとポテトとご飯が付いてきますが、個人的にはいつもご飯ナシにしていました(ご飯なしにすると、ポテトが増量になります)。

開店時間は20時からと、遅めから開くお店になるのですが、結構、いつ見ても、数人の客が外で並んでいる感じ(因みに、一応、開店時間は20時になっていますが、大抵、20時には開いていないです)。

お店の中はそこまで広くないので、ミルトンに泊まっているのであれば、お持ち帰りにして、ビールを別途に購入して楽しんでも良いかと思います。

熱々は美味です。でも、かなり量が多い…
一応、21ボリにすると、少し量を抑えられるのですが、2ボリしか違いがナイと言うのが、難点だったり。

因みに、ウインナーを別料金で入れたりするコトも出来ますが、サッと油で通したウインナーなのですが、それだけなのに、やっぱり美味。
高地なのに、ビールが進んでしまいます。

【PolloRay】

サンフランシスコ教会のお隣にあるチキンチェーン。

ラパスだとチキンのチェーン店と言えば、Pollo Copacabanaが一番幅広く展開をしているのですが、ココは、そこまでチェーン展開が進んでいない感じ。でも、個人的には、ココのチキンが好き。他のチェーン店だと、バーガーのバンズが今一つ(特にMega バーガー)なのですが、ココはまだ耐えられる感じがあるけれども、わざわざココでバーガーを食べなくてもいいかな~とは。

お店に近い宿ならば、持ち帰ってビールと一緒にチキンって言うのはアリだと思う。
ってか、やっぱりチキンみrは美味しい!!

【トゥルーチャ食堂】

ミルトン脇の魚食堂。E.カルテロン通りを入った所に、何軒か、魚料理の食堂が建ち並んでいるのですが、そこです。

決まって並んでいるのは、ミルトンから見て、1軒目と3軒目のお店。特に、3軒目のお店が混み合っている感じ。

トゥルーチャで20ボリと、他の食堂と比べると値段が高いのですが、ココのボリュームはなかなか。魚に芋に米(お米にするかは選べる)…

もうお腹いっぱいです。

ちょっとだけですが、ISPIを乗せてくれたりするお店があるのも嬉しい所。
ってか、ISPIも美味です。ビールが欲しくなる小魚。

因みに、ラパスで魚料理の屋台が建ち並ぶのは、他にはメルカド・ウルグアイ(メルカド・ネグロの坂上の方にあります)。

【メルカドランサのフルーツジュース】

ラパスはスーパーよりもメルカドがしっかりがっつりと機能している街ではありますが、中心部にあるメルカドランサのフルーツジュース&フルーツサラダも捨てがたい魅力の1つ。

ってか、フルーツサラダなんて、モリモリで、それだけでお腹が膨れる勢い。
でも、お店によって、結構、バラつきがあるのも事実なので、サッと見てみて、人が入っているお店を選んだ方が良いかも。
好きなフルーツがあれば、それを入れて貰う様にお願いするコトも可能です。

フルーツジュースも、ボリューム満点で、不足しがちな栄養素を補うにもちょうどイイ感じが。

しかも、メルカドランサは、中心部にあるので、立ち寄りやすいってのも良い感じですしね。

メルカドランサは、立体構造(3階建てぐらい)になっているのですが、フレッシュジュース屋台やフルーツサラダが食べられるのは上の方の階になります(3階に近い)。

因みに、この“ボリビア・ラパス飯”シリーズ。
もう1回だけ続きます…

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。