【VISA情報】ボリビアでビザを延長してみた(2017.02版)

Sponsored Link

ボリビアVISAの延長に行ってみた

何だかつい長くなってしまったラパス滞在。
今回は、ブラジルからグジャラミリン→リベラルタ→ルレナバケと入って来ているので、そもそもラパスに到着した時点で、入国からちょっとした期間が過ぎていたのですが、ラパスの滞在が長くなってしまったコトもあって、そろそろボリビアのノービザ期間が厳しくなって来た。

ってか、ボリビア、30日じゃ、全然足りないっスって思っている人は、ボクぐらいなんだろうか。
ラパス・ウユニだけならば、まぁ、問題は無いんだろうけれども。

でも、ウユニだけで23日いた人もいたし(クリスマス一緒に過ごしたメンバー)、10年前に来た時は、3ヶ月とかザラにいたんですが。

さて、そんなボリビア。
かつてはラパス→コパカバーナ→ペルー→デザグアデーロ→ラパスと、日帰りでビザの延長が出来てしまったのですが、どうも今はビミョーに禁止されているらしい(あくまでも“らしい”情報なので、正確な話ではないのですが)。

なので、ちゃんとビザの延長をして来ました。

ラパス以外のイミグレでも延長は可能みたいなんですが、ひとまずラパスでの情報になります。

まず場所は市内中心部のカマチョ通り。
オベリスクがある通りなので、比較的分りやすい通りかと思われます。
地図的には、↑の通り。

建物の中に入って、まずは右手のインフォメーションに。
番号表を(一応)取って、インフォメーションの人に、“ビザの延長、何処?”と聞けば、カウンターを教えてくれます。

めっちゃくちゃ人がいっぱいいたのですが、ビザ延長の窓口はガラガラだったみたいで、インフォメーションの人にも、“11番の窓口にダイレクトで行け!”と言われ、窓口に行って、延長したい旨を伝えたら、ポンポンとハンコを押してくれました。
“30日”と言うスタンプが入国の際に押されているのですが、更に2つ、スタンプを押されたので、これで90日の滞在が可能になりますね(笑)。

ってか、“もう30日、お願い”と言ったハズなのに、どうして?と思いつつ、ホントに窓口10秒みたいなぐらいのスピード。

しかも、無料。
あっけないぐらいです。

こんなにあっけないんだったら、最初から90日ノービザにすればいいのに…と思ってしまうぐらい。
↓の写真は、まだ30日有効なパスポートページですが、“30DIAS”のスタンプがもう2つ、押されたと言う感じです。

因みに、他の人のblogなどを見ると、パスポートと入国カード以外に、写真やコピーが必要だったとの情報がありましたが、ボクの場合は、ホントにパスポートと入国カードがそれぞれ原本だけで、他は一切、不必要でした。

ボリビア。
ウユニぐらいしか目立った観光地がなさそうに見えるのであまり需要のナイ情報かも知れませんが、B級スポット満載な国なので、もしハマっちゃった人は、どうぞ~(オーバーステイになるぐらいならば延長した方が全然、お得です!)。

って…

これで延々、ボリビア、いられるコトになるやんっ!

いやいや、ちょっとは動かないと…

 




にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。