ドゥシャンベの宿

Sponsored Link

ドゥシャンベに現れた救世主的な宿

駅からも歩けるし、空港からも程近い距離にあるホステル(駅からならば3キロぐらいで空港からなら2キロ強)。市場までも歩いて行けるし、市街の中心部までも近くはないが歩ける距離なので、立地は悪くはない(何処に行くにも近くはないんだけれども、遠くもないと言う様な感じ)。

建物自体は2階建て+地下1階。雑然としたドミトリーの様な気がするけれど、実は部屋数は案外、多いし、最悪、ベッドじゃなくマットだけでも寝かせて貰えると思うが、近くにもう1軒、同じ感じの安宿があるので、到着が遅くなりがちなドゥシャンベだけれども、どうにかなるモノなのかとは思う(基本、ホローグから乗り合いで来る場合は、夜到着なので、夜遅くなるから…と言う心配はいらないかと思う。ドミだから気にはなる所ですけれど)。

imgp7367

何かの家を居抜きで買い取って宿にした感じがアリアリとあって、家具とかがそのままの部屋もあれば、ビリヤード台が置かれている部屋もある(地下1階)。因みに、写真は地下1階の部屋。ちょうどバイクかチャリで旅している人ばかりの部屋だったので、みんな、荷物広げ放題(なぐらいに広い部屋)。多分、2階の部屋が一番まともかも。

朝食はパンとタマゴ。タマゴの方は1日ごとにメニューが繰り返されるパターン。1日中、コーヒー(3in1タイプ)と紅茶はフリーなのも有り難い所。

キッチンや洗濯機も使えるし、WiFiもそんなに悪くはない(時間次第の日もあったけれども、動画が何とか見れるレベルの時が多かった)。

タイミングだとは思うが、ヨーロピアンとイスラエル人が多く、それぞれキッチンの使い方が汚く雑だったが、清掃はちゃんと行ってくれている。

問題は水回り。
別にそこまで悪くはないのだが、メインのシャワールームの位置が宜しくはなく、外から丸見えじゃない?と思いたくなる様な雑な場所にあるのと、着替えなどを掛けるスペースが外から丸見えなのだけが頂けないと思う。そこさえ改善されると、結構、居心地の良い宿じゃないのかな…と思う。メンズでも最初は抵抗があったぐらいに、丸見えになりそうなので、女性だともっと抵抗があるかも。
多分、実際の所は、見えないギリギリのラインなんだけれども。

ただスタッフ自体は道案内なども丁寧に教えてくれるので、良い感じだし、ひとまず夜遅い到着でも対応してくれるのは、到着が遅くなりがちなドゥシャンベでは有り難い所。

それまで他にまともな宿がなかったドゥシャンベでは有り難い存在の宿。
因みに、近くにスマイルホステルと言う宿もあるが、そこは行ってはいないけれどヨーロピアンの反応は良い宿です。


グリーンハウスホステル

ドミ:9ドル
ホットシャワーアリ
WiFIアリ
キッチンアリ(コーヒーと紅茶フリー)

歩いて行ける範囲内に市場がある他、ちょっとした商店もある。ただ食事処はそんなに多くはない。ウズベキスタンとタジキスタンの大使館へは大通りまで歩いて3番のトロリーバス1本で行けるし、ウズベキスタンのサマルカンド方面に向かう乗り合いも近くのシェラトンの前から8番タクシーに乗車して1本で行ける。なお、ドゥシャンベの市内中心部は基本的に番号が書いたタクシーと呼ばれる乗合とトロリーバスが移動手段のメインになる(マルシュルートカではなくて、あくまでも番号付きのタクシー)。

ホローグから来ると、市街の手前に当たるので、言えば宿前まで乗せて行ってくれると思う(少なくともあと2ブロックの大通りまでは乗せてくれる)ので、maps.meを見せながら乗せて行ってもらうのが一番楽。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。