金沢の宿:エンブレムステイ金沢

Sponsored Link

金沢は、新幹線が延伸してからと言うモノの、ホテルラッシュ。

ビジネスホテルから観光客向けのホテルまで、結構、揃っているし、新しく開業している訳ですが、ゲストハウスも数多く誕生している感じなので、選択肢は豊富な街の1つ。

数多くのホテルが誕生している金沢だけれども、立地的には、「金沢駅周辺」・「近江町市場~香林坊周辺」に掛けて固まっている感じ。

「金沢駅周辺」から「近江町市場」までは、1.5~2km弱の距離で、路線バスも頻繁に走っているし、雪が降っていなければ、全然、歩ける距離感なので、どちらを選んでも良いかと思うけれど、金沢市内中心部を観光すると言う意味では、「近江町市場~香林坊周辺」の方が便利は良く、大体の場所まで徒歩で行けるコトになるので、今回、ボクが選んだ宿も、コチラのエリア。

立地至便で観光に便利

場所的には近江町市場を抜けた先と言う感じ。

なので、市場までは歩いてスグ。
金沢城公園へは、新丸広場に歩いてスグ。

兼六園は金沢城公園を抜けていくので、やや不便だけれども歩ける距離。
香林坊へも歩いて行ける距離感。

短期間の旅行ならば、基本、バスを使わなくて済むかと思えるのが、楽でした。

建物1棟丸ごと全てが宿と言うのが特徴で、安宿なんだけれども、そこそこ値段の張る部屋からドミトリーまで、色々なタイプの部屋があると言う点でしょうか。

なので、パッと宿内に入っても、“安宿臭”が全くしなかったです。

選んでいた部屋は、4人ドミトリー。

部屋の中は、やっぱりそこまで広くはない感じですが、荷物をベッド外に置いても、歩くだけのスペースはあるかな…と言うぐらい。

ベッドには、カーテンが付いていて、プライバシーもばっちり。

それぞれ個別の電気と電源も付いていました。
最近、こう言うカーテン付き・各ベッドに電気・電源付きのドミトリーも増えたなぁ…と思う。

こう言うタイプのベッドだと、つい引きこもりがちになっちゃうんですけれどもね、自分の場合。
部屋の中もしっかりと掃除が行き届いている感じがあるし、ベッドの造りもしっかりしているのが嬉しい所でした。



残念なのは、トイレ・シャワーの個数とロッカー

欠点を挙げるとすれば、まずはロッカー。

小さな貴重品~サブバッグが入るぐらいのロッカーは、ありました。
ダイヤルタイプの鍵付きで。
ただ大きな荷物は、確実に入らない。

そして、トイレとシャワー室の個数。

他の階層を見ていないし、そもそもドミトリーなど部屋内にトイレ・シャワーが付いていないタイプの部屋がどれぐらいあるのかが不明ですが、ボクが泊った2階で言えば、トイレ・男性シャワー室・女性シャワー室が、それぞれ1つずつのみ。

これは少ないなぁ…と言う気がします。

ただ客層的には外国人の利用がかなり多い様で、実際、シャワーを夜に浴びたりするのは、日本人がほとんどなので、時間的には被らないから、少なくても足りるのかも知れませんが。

シャワー室にはドライヤーが完備されているのは、やっぱり便利でしたけれど。

あとは朝食が有料。

事前予約で600円。当日利用だと650円。

この値段ならば、パン・コーヒー・ジュース・果物ちょろっと・タマゴぐらいは欲しいなぁ…と言うのが、個人的な考えなのですが、実際は、パン・コーヒー・ジュースなど・ヨーグルト・フレーク。

ちょっとオーバープライスかな…と言う気がします。
ワンコインがせいぜい…みたいな。

でも気になったのは、それぐらいで、Wi-Fiも強かったですし、1階ロビーの食堂・キッチン以外に、2階には談話室もありましたし、結構、施設面では至れり尽くせりで、スペック的には満足で、次回の訪問時にも利用したいと思えるだけの宿でした。



エンブレムステイ金沢

ドミトリー:
4ベッドドミトリー(男女混合) 1,743円
住所:石川県金沢市尾張町1-2-8
Wi-Fi:あり
朝食:別途有料
キッチン:あり
ホットシャワー:あり
喫煙スペース:1階屋内にあり
アクセス:
金沢駅からバスor徒歩で近江町市場へ。市場から尾張町方面に向かい、徒歩5分程度。
金沢駅から徒歩だとやや時間が掛かり、荷物があると、ちょっと面倒だが、歩けない距離でもナイ。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。