メルズーガーへのツアースタート!!

Sponsored Link

いよいよマラケシュからメルズーガーへのツアーへ。
マラケシュの宿が一緒だった日本人が他に3人。
因みに、ツアーは600DH。
ツアー参加者に聞いてみたら、大体、700~800DHで参加していました。

どうりで、一切安くならない訳です(最初の言い値から600DHでした)。
まぁ、逆に宿で申し込んだのですが、ツアーの主催は別に宿じゃないので、特に詳細を聞いても返答ははぐらかされましたけれどもね(例:食事はクスクス?タジン?とか、飲み物は?とか…)

さて、ひとまずこの先、ブログ記事上に出て来るかどうか分りませんが(笑)、このツアーで一緒の日本人3人のご紹介。


しげさん。
関西人。
一番最初は宿ではなくて、宿の近くの売店でばったりと出会ったのだが、現地の民族服であるジュラバを来ていて、顔が分らず、日本人なのか、韓国人なのか、さっぱり分らず、仮に日本の方だとしても、きっとお友達にはならないだろうなぁ…なんて、つい思った人だったのですが、そう言う人ほど、何故か仲良くなったりするから旅って不思議。
因みに、荷物はかなり大きくて重く、水着を持って来ているのは良いとして、何故かゴーグルに帽子の他に競泳用水着まで完備している…
そりゃ、重くなるわ。

ひとみさん。
九州人。
根っからの天然。
天然にも程があるでしょ…と言う位に、毎日、何かしらのボケを何処かしらで噛ましてくるので、付いていくだけで精一杯になる。
そもそもご新婚さんなのに、旦那と一緒にいたのは1日だけで旅に出て来て、“1人ハネムーン”と称しているけれど、別に旦那との仲は悪くはないらしい。その旦那も凄いわ。
ラクダに乗って、そのまま走り出したりしてくれないかなぁ…なんて、密かに期待しているのですが、もしそんなコトになっても全然違和感がナイ、素敵な方。

けんちゃん。
このツアーの最年少(多分、他の国籍の方を含めても)。
とは言っても、別に大学を休学して出て来ている訳ではないので、そこまで凄い若い訳ではナイ世界一周中のMen’s。
いじられキャラではないけけれど、いじりキャラでもない。
胃下垂ですよね?と言う位に大食いなのに、それでいて細身の体系をしっかり維持している。
ってか、このメンバーだと唯一のまともキャラに見えるのは、そう装っているからなのか…?いつか正体を暴きたいキャラ(笑)。

マラケシュの宿は同じ宿だったけれども、“じゃ、一緒にメルズーガーに行こう!!”と確かに言った訳でもなく、何となくみんな一緒にマラケシュ発メルズーガーの2泊3日のツアーに行くコトになりました

最初は個人旅行で行こうと思ったのですが、マラケシュで予約をしたら600DHで個人で行くよりも安上がりだったのが大きくて。

さて…
どんなツアーになるコトやら。

そして、バイバイマラケシュ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。