あ~、恋がしたいっ!

Sponsored Link

2018年も4日目である。

早いモノです。

年賀状、まだ出していないと言うのに(笑)。

いや、昔から「夏休みも冬休みも宿題はまとめて最後にやるタイプ」デスから。
ってか、新学期が始まってからも、提出日までもがいていた様な気がしますけれどもね。

その点、高校になってから、そう言う長期休みの宿題と言うのが、皆無だったので、助かっていましたけれども。

『君の名は。』も『シンゴジラ』も

さて、ふと2017年に見た映画について振り返ってみようかと。
まぁ、正しく書くと、「約1年間で機内で見た映画」なんですけれどもね。

映画。
昔はよく単館系の映画やアジアン映画(特に歴史モノとカンフーモノじゃない香港映画)を見に行っていたのですが、すっかり映画館から足が遠のいてしまったのは、やっぱりちょっと日本の映画って、高いんですよね。

めちゃくちゃ高い訳じゃないけれども、海外の安さを知ってしまうと、高く感じるし、そこまで大迫力を求める訳じゃないから、別に、わざわざ映画館まで行くのも億劫になっちゃって。

でも、嫌いじゃないんですけれどもね。

12019 / Pixabay

思えば、この1,2年、比較的よく、飛行機と言うモノに乗っている気がする。

昔、キャセイのコールセンターのオペレーターにも「トランジット、お好きなんですね」って言われた記憶があるのですが、そうじゃなくて、単に「安い航空券を探していくと、不思議と乗り換えが増えるだけ」なんですけれどもね。

まずは『「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション』。

大ヒット映画になりましたから、1度は見たコトがあると言う方も多いかとは思いますが、これは韓国→日本のJAL機内で見ました。

ソウル・仁川→東京・成田だと飛行時間がそこまで長くないので、ちょっとだけ早送りして見たのですが、その後に訪れたボリビアのラパスの丘の街であるエルアルトの古着市に行った際に、DVDが売っていたので、つい買ってしまいました。

続いて、これまた人気を集めた『シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組』。

こちらは南米に向かうアメリカン航空の機内で見た映画。
やっぱり日本の映画がしっかりと見れると言うのは、嬉しいモンです。

恋愛映画を見て、ウルウル来てるアラフォーって、どうよ。

機内で見る映画の良い所は、普段ならば絶対に見ない様な映画も見てしまう…と言う所。

恋愛映画なんて、普段は、「他人のハッピーエンドになる恋愛話」を見て、何が楽しいのか⁉と、ヘソを曲げるワタクシですが、特にするコトがない飛行機の中だと、つい見てしまいます。

三代目JSBメンバーの岩田剛典と高畑充希が出演している『植物図鑑 運命の恋、ひろいました [DVD]』。

いやいや、こんな出会い、ナイでしょ。

逆に、こんな出会いがあったら、女性、頭おかしい…とすら思えてしまう訳で、全然、普段は見ないタイプの映画なんですけれども、機内だとフツーに見てしまいます。

まぁ、あり得ない設定でも、映画はその先が面白ければ問題ないし、そもそも映画に現実感を求めるのが間違っていると思うしね。

川口春奈と林遣都が出ている『にがくてあまい』。

コチラは先ほどの『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』よりもやや現実味がある気がするけれども、「ベジタリアン」で「ゲイ」で、思ったよりも引き込まれてしまいましたが、多分、これも普段、見る映画じゃないだろうなぁ…

でも、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする Blu-ray豪華版』は、現実味皆無なSF+純愛映画なんですけれども、食い入るように見ちゃいました。

福士蒼汰と小松菜奈が出てるのですが、京都を舞台にした恋愛映画なんだけれども、ちょっとウルルンと来てしまいました。
ってか、機内で感動しても、泣けねーっての!と思いつつ、この1年で一番のヒット作だったかも。

舞台となっている京都の中でも、叡電沿線は、昔、住んでいたコトもあるので、ちょっとご近所感があったのも大きかったんだけれども。

他にも『帝一の圀』とか『セトウツミ』『三月のライオン』『ひるなかの流星』とかも。

ってか、“機内はボクの映画館かよ⁉”ってぐらいにこの1年は、邦画をたくさん見るコトになりましたね。

それもこれも、たくさん飛行機に乗ったお陰なんですけれども、2018年は何回、飛行機に乗れて、何本の映画を見れるのやら…
LCCだと機内で映画も見れないですから、やっぱり回数的には減って行くんだろうけれど。

あ~、恋してぇ。
それも、ピュアな恋がっ!!

 

 

んーっと…

アラフォーになってまで、「ピュアな」なんて言っている時点で、アウトですな、多分。




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。