メキシコシティ半日で、何をする

Sponsored Link

半日のトランジットで何が出来る?

ハバナからメキシコシティとサンフランシスコを経由して、羽田へと戻る。
ボクの旅程としては珍しく、それは来た道をそのまま引き返すだけと言う単純往復。

が…

往路と決定的に違うのは、メキシコシティのトランジットが丸半日あると言う点。

半日か…と思ったが、仕方がナイ。

代わりの道がないのだから。

ただ、メキシコシティの空港は実は市街地にある。
半日あるなら、外に出てしまえばいい。

さて…
何処に行こう。

と考えた結果、ティオティワカン遺跡に行けるのでは?と言う試算がむくむくと。

メキシコシティは行ったコトがないけれども、空港から地下鉄の駅までそこまで離れていないらしく、遺跡に行くバスは地下鉄駅直結。

しかも、バスの便がそこそこ出ているみたいだから、市街地からは離れた距離にある遺跡だし、初めての場所だけれども、急げば何とかなりそうな予感。

と言うコトで、行ってみた。

空港からバスターミナル、そしてティオティワカンへ

まず、キューバからの便については、荷物がスルーにならないので、荷物をピックアップ。

それを一時預かりに預けて身軽になってから空港外へ。

が、全然、地下鉄の案内表示はなくて、“ホントに近いの?”と言う気にもなる。

歩いて15分ぐらいは掛かってしまった気がするけれども、特に曲がったりする所もないので、初めてでも分らない道のりでもなかった。

到着したのが、地下鉄の5号線のHangares。

ティオティワカンの遺跡に行くバスが出るのは、北バスターミナルらしいけれど、最寄駅が同じ5号線のAutobuses del Norte(そのまま北バスターミナルって名前ですね)。

同じ路線で行けるのは何とも有り難い。

乗り込んだ地下鉄は、何か、ちょっと小さい?って感じでしたが、そこまでの柄の悪さは感じなかったかな。

勿論、柄の良さは微塵にも感じなかったけれど。

到着した北バスターミナル。

思ったよりも大きくて、しっかりした建物。
改装されたのか、建物の構造自体は古臭い感があるけれども、汚くはなく。

ティオティワカンの遺跡に行くバスは…

会社名、見て来るの、忘れました(笑)。

とりあえず奥の方のブースで、“Autobuses Teothihuacan”と書かれていたので分かりやすいかと(ブース自体はそこまで大きくはない)。

バス自体は、そこそこ頻発みたいなんだけれども…

結構、厳重な荷物チェック。

何だ~?とすら思えるけれど、逆に言うと、それだけ治安面に不安があると言うコトの表れなんだろうか…

とすると、地下鉄も危なかったのかな?

無知って怖いわ…なんて思いつつ、程良いタイミングでバスに乗り込めました(限りなく、警戒だけはしていましたけれども)。

指定席って感じではなかったし、最後の方に乗り込んだので、普段は座らない様な後ろの方の通路側席だったけれど、これで1時間乗っているだけで、遺跡に到着出来るかと思うと、やっぱり空港から出て来て良かったなぁ…とも。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。