キューバに行くために旅行保険への加入は必須

Sponsored Link

旅行保険はクレジットカード付帯の保険を利用

さて、キューバですが、ツーリストカードの他に入国の為に必要なモノがもう1つ。

それが旅行保険への加入になります。
入国の際に、提示を求められたり、求められなかったりするみたいですが(要するに運次第)、一応、規則的には必要っぽいです。

元々、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用する予定だったので、早速、クレジットカード会社に連絡。

聞かれたのは、

  • 出発の日付
  • 旅行期間
  • 何処の国に行くために必要か

位でした。
キューバに行く旨を伝えたら、案外、フツーに受け取ってくれたので、同じ様に利用している方が多いのかも知れませんね(もちろん、カード会社によるかと思いますが)。

これを元に、英語もしくはスペイン語での証明書を作成して貰った所(これが必要になります)、ホントにあっさりと1週間程度で作成してくれました。
ボクの場合、郵送かメールにPDF添付かを選べたので、メールでお願いしたのですが、この辺りの期間などはクレジットカードの会社によって異なるかと思います。
なので、逆に言えば、ツーリストカードは関東近郊の人で自ら領事部に足を運んで取得する人ならば、即日発給されるので、この海外旅行保険の加入証明書が一番時間が掛かると言うコトになるので、これは早めに用意をしておいた方が良いのかも。

因みに、この海外旅行保険の加入証明書は無料で送付してくれます。
ただ、ボクのカードは旅行保険が自動付帯なのですが、そうではない場合、利用付帯のカードの場合は、航空券とかの購入時に該当カードを使用していないとダメかも知れないので、クレジットカード付帯の旅行保険を利用しようと考えている方は、再度、自分のクレジットカードの旅行保険のルールを確認して下さいね(利用付帯の場合は、カード会社に聞いてみて下さい)。

キューバへのルート

さてこれであとは航空券さえ準備出来れば、用意は完了と言うコトになります。
基本的にキューバへの道は、この秋からマイアミなどのアメリカ本土から直行便が飛んでいますが、それまでは、

  • エアカナダ利用
  • メキシコシティもしくはカンクンからメキシコ系航空会社もしくはクバーナ航空利用

を利用された方が多いかとは思います。
まぁ、勿論、他にもパナマシティ経由などの選択はあるのですけれど。

最初は、ロスとかサンティアゴに出ようかと思っていたのですが、今回も仕事を終えて向かうのと、JALのマイルがそこそこ貯まって来たので、今回はあまりこのルートを利用してキューバに行く人も多くはないかと思いますが、

  • 羽田→サンフランシスコ(JAL)
  • サンフランシスコ→メキシコシティ(アエロメヒコ)
  • メキシコシティ→ハバナ(アエロメヒコ)

と言うルートを立ててみました。
メキシコからはLCCとかも飛んでいるので、そこはもう少し、選べたのですけれども、出来上がってみると、案外、フツーのルートに感じてしまえて、自分らしくないなぁ…なんて思えてしまうのですが、仕事をしていると、どうしても航空券の選択肢は限られてくるので、仕方がナイ。
アメリカ経由だとロスの方が便利は良いのでしょうが、羽田発のJALの夜便はロスに飛んでいないので、仕方がありませんね。

因みに、このルートで行くと往路は乗り合わせがそこまで悪くないのですが、復路はメキシコシティで半日のトランジットと言う状態に。

まぁ、もったいないと言えばもったいないのですが、これも日本発を羽田発のJALの夜便に限定してしまうと仕方がないのかなぁ…とも。
どちらを取るか…と言う話にはなるかと思いますが、個人的には、各空港で外に出てタバコでも吸いたい人(アメリカもメキシコも基本的には空港も屋内は禁煙なので)だから、このルートだと、ちょうどいいぐらいの乗り合わせなのは、有り難い所ではあったかな。

スポンサーリンク

絶賛参加中!!良ければポチッと。 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

と、最近、珍しく情報系ブログになってるなぁ…(笑)。
因みに、コチラの情報も2016年1月時点の情報なので、そもそも必要かどうかを含めて、渡航時には各自でご確認下さい。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください