香港の宿:Yesin (Causeway Bay)

Sponsored Link

香港で安宿と言えば、“チョンキンマンション(重慶大厦)”がその筆頭になるのだと思う。
とは言っても、重慶は建物の名前だけれども、そこには安い宿がゴロゴロとある場所。

しかも香港の九龍側メインストリートであるネイザンロードに面していて、地下鉄の尖沙咀駅からもホントにスグ。エアポートエクスプレスの九龍駅からも歩いて行ける様な便利さがある。

でも、今回はちょっと重慶から離れてみようと思ったのは、単に、タバコが吸いたかったから。
いや、未だに重慶の雰囲気は大好きですけれどもね。香港なのに、アフリカだとかインド系の匂いが充満していて(笑)。

今や香港の安宿も基本、禁煙の様で。
いや、きっと行けば吸えたのかも知れない。

だって、重慶だし。

でも、やっぱり気兼ねなく寝起きや寝る前に一服したいから…と、探してみたのですが、なかなか見当たらないのは、香港の安宿って、テラスとか中庭とかの環境からは外れているからなのかも。

それで何とか見つけた宿だった。

場所的には地下鉄の銅鑼湾駅からスグと言う立地だったので、香港島の方なのですが、商業施設の賃料が世界でも最も高いぐらいの銅鑼湾エリアなので、言うコトがナイと言う立地条件。まぁ、値段はそこまで激安って感じに見えないかも知れないけれど、そもそも香港は宿自体が高いので、平均的と言えば、平均的な値段だと思う。

あと、空港からエアポートエクスプレスに乗ると、中環(香港)駅で乗り換えが必要になるけれども、バスだと1本で来られる立地なのも嬉しい所。

ベッドは3段ベッドで、それぞれの部屋にトイレとシャワーがある。ドミトリーは部屋の人数によっても値段が異なるが、あまりにも人が多い部屋だと、やっぱりシャワーとかの順番待ちが激しいかと思う。因みに宿泊者全員が使えるシャワーも分かりにくい場所に2つあったので、滞在中はずっとそちらを利用していましたが、逆にそちらの利用者は皆無だった…

ロッカーアリで、部屋とロッカーのカギはカード型なので、盗難の心配もやや薄いのが有難い所。

imgp8633

さて、喫煙が出来るのは、テラスがあるから。
テラスと言うか、屋上と言うか…ですが、そこにテーブルと椅子がちょこっとあって、そこで喫煙が可能なので、絶えず、誰かがビール片手に盛り上がっていた様な…

因みに、ヨーロピアンの方から中国本土の人…と、結構、利用者の国は分れていた感じでした。



Yesin(Causeway Bay)

ドミトリー:21人部屋・HK159ドル~/9人部屋・HK179ドル~
WiFiあり
ホットシャワー
キッチンナシ
各種カード利用可能
Webあり:Yesin

銅鑼湾にあるので、外に面したベッドだと夜のネオンはやたらと眩しいのが、難点かも。
チェーン展開しているのですが、喫煙場所があるのはこの銅鑼湾の宿だけみたい(Webページはチェーン全体のに飛びます)。
館内は清潔に保たれているのですが、多分、掃除は1日1回だと思うので、宿泊次第と言う感じかな。因みに、トイレとシャワールームは一緒ですが、シャワールームは何故か、ガラス張り。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。