台北の宿:Main Inn Taipei

Sponsored Link

台北駅から徒歩スグと言う好立地

台北で、何処に泊まろうか、ギリギリまで迷っていて、結局、決めた宿。

決め手になったのは、台北駅からも近く、各所へのアクセスが良好という点。

実際、空港からのMRT桃園機場線を降りて、ホントにスグ目の前と言う立地でしたし、北門までは歩いてスグ。

中山・西門エリアまでも歩いて行けると言う立地は、何処に行くにも助かる立地条件。

コンビニもワンブロック行った先にセブンイレブンがありましたし、雨の日でも台北の地下街までスグなので、ほとんど濡れないで行動出来ると言うのは、助かる所かと。

 

レセプションは2階。

その上に部屋がある訳ですが、階段のみで急。しかも、通路などもかなり狭め。

部屋自体も荷物が大きい人が多いと、ドミとしてはやや狭くなるかとは思います。

ただベッドは、思ったよりも広く、ちゃんとそれぞれにカーテンが付くタイプ。

電気・コンセントも完備ですし、鏡も各ベッドに備わっているのに加え、ベッドの脇にモノを置くスペースがしっかりとあると言うのが、メガネ族としては嬉しい所(実際は、メガネ以外にも、服なんかも置けるぐらいにこのスペースが広かったです)。

また布団がかなりフカフカと言うのも、嬉しい所。

ドミトリーの中に、ロッカーもありますが、縦長タイプなので、大きな荷物はスーツケースは入らないかな…と言うのが、正直な所かと。

ボク以外の人のほとんどがスーツケースでの旅行者だったので、ロッカーの中に入らず、外に出しっぱなしになっていて、広くはないドミトリー内が、より狭くなる感じでした。

最上階は、広い共有スペース

トイレとシャワーは各ドミトリーに、完備です。

ただあまり各部屋にあるのって、好きじゃないんだよなぁ…と思っていたら、最上階にもトイレとシャワー(こちらは分離しているタイプ)があったので、部屋の中にあるのが好きじゃないorシャワーが使われていると言う場合は、最上階のを使うと言うのもアリかと(因みに、最上階のはいつも空いていました)。

この宿の特徴は、最上階にある様に思えます。

それぐらいに、広々とした共有スペース。
また、ちょっとしたミニテラスがあるので、タバコもそこで吸えます。
お湯・コーヒー・お茶が完備されていて、フリーと言うのも、嬉しい感じです。

特に台北って、カフェでちょっとお茶すると、結構、値段が張るので、宿でフリーで飲めると言うのは、嬉しかったですかね。

さらに洗濯機と乾燥機が無料で備わっていると言うのも、大きなポイントでした。

乾燥機が完備されている安宿って、なかなか見たコトがナイ気がしますが、1時間半もあれば、洗濯から乾燥まで終わってしまうのは、やっぱり便利です。

狭いながらも、至れり尽くせり。

Wi-Fiも強いですし、立地も至便なので、言うコトは無かったかな…と言うのが、感想です。

ただ最上階を利用しないぐらいに動き回る人には、どうなんだろう…とは。

ただ空港へのMRTの駅には、ホントに近いので、帰路に1泊だけとか、往路が夜遅くになってしまう場合でも利用しやすい安宿で、重宝はしそうな気がします。

 

「Main in Taipei」

住所:2F, No.12, Ln21, Zhengzhou Rd., Datong Dist, 103
宿泊料金:6人ドミトリー1泊1,110円(agoda)
Wi-Fi:あり(強め)
ホットシャワー:あり(熱々)
喫煙スペース:屋上にアリ
アクセス:
台北駅から台北駅前地下街に入り、Y13出口から地上に上がりスグ。Y15もすぐ近くだがY13はエスカレーターアリ。桃園空港から来た場合、進行方向後ろの改札を利用すると、かなり近い。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください