モロッコ最後の街・カサブランカへ

Sponsored Link

シャウエンからカサブランカへ移動

シャウエンからカサブランカへとバスで移動。

国営のCTMだと朝は7時発しかないけれど、民営バスだと9時30分発があったので、勿論、民営バスで。さすがに朝7時のバスと言うのは早すぎて厳しい…カサブランカから、その先へ更に移動すると言うのであればCTMでも良かったんだろうけど。

ただ荷物代を20DHと吹っかけて来たり(基本、どのバスに乗っても今まで5DH)、面倒。

やっぱりCTMは国営なだけあって、その分しっかりしている感があるから、出来るだけCTMに乗った方が気は楽だなぁ…なんて、つい思う。勿論、ぶっちぎりましたけれどもね、ガン無視して。

車内はラマダン中と言うコトもあって、空いているかな…と思ったが、程良い込み具合。途中の休憩でも誰も水も飲まず…だったので、ひたすら眠るコトにしたら、気が付けばカサブランカ。

カサブランカの民営バスターミナルは市街中心部からはかなり離れた場所にあって、結構、不便。CTMならば中心部にターミナルがあるので、中心部の宿まで歩いて行けたり出来るのだけれど、民営バスターミナルだとタクシーかバスに乗らないと中心部にはたどり着けないのが難点。

それでも、夕方前には予約をしていたホテルに到着。

“ホテル”。

そう旅の最終地点であるカサブランカはちょっとだけ奮発して、ホテルを予約してみました。

まぁ、何となく…ですが。

“安宿”じゃなくて、“ホテル”。

あぁ、その響きすら久しぶり。

カサブランカの街歩き

早速、街をぶらり。

安息日である金曜日と言うコトもあるし、そもそもラマダン中と言うコトもあって、カサブランカと言えども、お店自体が結構閉まっていて、ちょっとびっくり。

モロッコの中でも商業活動の中心地・カサブランカ。

さすがにカサブランカはラマダンも無関係なのかな…と、実は思っていた。

でも…
あまりそんな感じはせず。

ちょっと拍子抜け。

やっぱりカサブランカと言えども、モロッコ。

イスラム教が主宗教な訳です。

仕方がナイと言うか、当たり前なんだろう。

IMGP6011

旧市街から中心部に掛けてをぶらぶらと。
路面電車も走っているし、そこそこ明かりもあって、歩きやすい。

でも、そこにはやっぱり土臭さは薄くなっていて、経済の格差による貧富の差がそこにはあるだけの様に見える。

それは、今まで見て来たモロッコとはまた違う。
そして、その違う風景が、無性にこの旅の終わりが近いコトを実感させてくれた。

そろそろ帰るココロの準備を始めろと言うコトだろうか。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。