【ダナキル砂漠4日目】塩の山と不思議な湧き水

Sponsored Link

ダロール山を満喫し、これでメケレの街に戻るのかなぁ…なんて、勝手に考えていたのですが、まだまだツアー最終日は盛りだくさん!!
と言うコトで、続いて、ちょっと車で移動した所にある山へと向かいます。

正直な感想的に言えば、メインイベントも全部終わった感じがあって、そろそろシャワー浴びたいし、冷たいビールをサパーッと飲みたい気持ちが抑え切れなくなってきていますが…ね。
ってか、その前にちゃんとしたベッドで寝たい。

ソルトマウンテンへ

ダロールの山は、どちらかと言うと、丘みたいで、のっぺり平らな山でしたが、“ソルトマウンテン”は、どちらかと言うと、切り立った感じが満載の山。

大抵、こう言う山は、雨水や風によって、奇岩が出来上がる訳ですが、ココ、そんなに雨、降らないよね。

いや、全く、雨降らないよね…

風にしては、端から見ても、形が変です。

IMG_2143

こんな感じですモノ。

ちょっとラクダに見えなくもないのですが、これ、全部、塩で出来た山と言うのだから、驚きです。
近寄って見ると、洞窟の様になっていたり、塩が針の様に刺状態になっていたり…

ただ、塩と言うと、“真っ白”と言うイメージがありますが、さすがに土埃を長年に渡ってかぶっているからか、近くまで来ないと、単なる土にしか見えない感じも。
お世辞にもキレイな訳でもないので、舐めてみるコトはしませんでしたが、多分、ホントに塩なんだろうなぁ…と。

ただこの山の高さになるってのは、どう言うコトなんだろう。

大地溝帯、謎ばかりです。

そして、さらに移動して今度は泉がわき出ている場所へ…

IMG_2166

結構、至る所で湧き出ている。

これ、暖かいのだろうか…
なんて覗いてみたら…

クサッ!!!!!!!!!!!!

何だか異様な匂い。
ガイドの人からも、飲んだりしない様に…と強く言われた反面、身体には良くて薬代わりになる…との説明が。

飲んだらアカンのに、薬代わりになるって??と、微妙に混乱してしまったので、ひとまず触ってみた。

 

 

 

 

ヌルっ。

いや…
何だかスライムを触った様な感触が残る(勿論ですが、触ったコトはないけれど)。

湧き出るのは、水だけじゃなくて、色んな成分が混じっていて、それで、サラッとした感触になっていない。

ふげーっ…
触るんじゃなかった…

何に効くのだろう。
日焼けに効けばいいけれど…と思いながら、とりあえず腕いっぱいに伸ばしてみたアラフォー♂。
やっぱ歳を重ねると、染みになるからね。

でも、こう言う湧水とか、最初に飲んだ人ってスゴイなぁ…と思う。
さらにはそれを薬に使えると思った人も。
自然のチカラは確かに偉大だけれども、人間の英知も、また同じ様に大きいし、力強いんだよね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。