マリオット・ボンヴォイ、ピーク/オフピーク制度導入!

Miles・Point
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

マリオット・ボンヴォイにピーク・オフピーク制度導入!

世界的なホテルチェーンのマリオットが運営しているポイントプログラムである「Marriott Bonvoy」。

SPGとマリオットが統合して新しくリニューアルされたプログラムですが、2019年9月14日より新たに「ピーク・オフピーク制度」が導入されるコトになりました。

これは、マリオットグループのホテルに「Marriott Bonvoy」のポイントを使って宿泊する際に、“シーズンによって必要ポイント数が変動する”と言う制度になります。

YouTubeにオフィシャルの動画も上がっていたので、載せておきますが、この動画があれば、もうこの記事、いらないんじゃない…と思ったり(笑)。

どれだけ必要ポイント数が変動するのか

まず気になるのは、現状の必要ポイント数と比べるとどれだけ必要ポイント数が減る or 増えるのかと言う点ですが、以下の通りになっています。

カテゴリーオフピークスタンダードピーク
5,0007,50010,000
10,00012,50015,000
15,00017,50020,000
20,00025,00030,000
30,00035,00040,000
40,00050,00060,000
50,00060,00070,000
70,00085,000100,000

マリオットグループでは、ホテルに対して1~8のランクカテゴリーが設けられているのですが、それぞれポイントで宿泊する際には、ポイント数がそもそも異なります。

カテゴリー1のホテルにスタンダード期間に泊まるのには、7,500ポイントでOKなのですが、最高級のカテゴリー8にもなると、スタンダード期間ですら85,000ポイントが必要になる訳ですが、さらに今回、オフピークとピークシーズンが設けられたと言うコトですが、ピークシーズンのカテゴリー8のホテルだと100,000ポイントも必要になると言うコトになります。

なかなかの跳ねっぷりですよね。



とりあえず9月14日までに予約を!

ただここで問題になるのは、現段階では、“いつがオフピークで、いつがピークシーズンなのかが公表されていない”と言うコト。

日本人は特に休みが重なる傾向にあるので、盆休み・正月休みなどは、国内のマリオットグループのホテルだと、ピークシーズンに設定されていそうですが、海外に行くと、別に盆休みはピークシーズンと言う訳じゃないでしょうから、そのホテルの立地次第と言う所が大きいかと。

ビーチリゾートとかだとよりオフピークとピークシーズンの境目がはっきりしてそうですが、年中観光客を集める京都とかだと冬以外はピークシーズンになっていてもおかしくはなさそうですからね。

2019年9月14日の運用開始までに予約した分については、“スタンダード”期間の必要ポイント数が保証されるコトが発表されています。

なので、繁忙期と予想されるシーズンであるならば、それまでに予約をしておく方がベターと言えますね。

予約自体は、350日前からスタート出来ますし、ポイントでの宿泊が可能な部屋数と言うのも上限があるので、何にせよ、早めに予約をしておくのがベターな訳ですが、今回は特にピークシーズンに指定されてしまうのを避ける為にも、予約を入れて置いた方が良いのかも。

マリオットでのポイント宿泊の場合は、2日前までキャンセルが無料で可能なので、予約した日がオフピークシーズンで指定された場合は、1度、キャンセルしてスグに再予約すればイイ話しですしね。

キャッシュ+ポイントもピーク/オフピーク導入!

現時点で、マリオットのポイントが足りない!と言う人でも、「Marriott Bonvoy」では、現金とポイントを併用した「キャッシュ+ポイント」と言う制度もあります。

こちらも2019年9月14日以降は、「ピーク」と「オフピーク」シーズンが導入されるコトも発表になっていますが、必要ポイント数と金額は以下の通り。

カテゴリーオフピークスタンダードピーク
1,500+55ドル3,500+55ドル4,500+55ドル
4,000+65ドル6,000+65ドル7,000+65ドル
6,000+80ドル8,500+80ドル9,500+80ドル
8,000+105ドル12,000+105ドル15,000+105ドル
13,500+140ドル17,000+140ドル21,000+140ドル
19,000+190ドル25,000+190ドル30,000+190ドル
25,000+250ドル30,000+250ドル40,000+250ドル
27,500+440ドル42,500+440ドル57,500+440ドル

“キャッシュ”の部分は、カテゴリー共通になっているので、ピークでもオフピークでも共通と言う形になっているので、オフピークの場合は、ちょっとお得感が減りますね。

ひとまずオフピークシーズンを狙える人であれば、かなり朗報と言えるのかも知れませんね、今回の改定は。

コメント