ようやく、ウユニへGo!!

Sponsored Link

ラパスからウユニへ。

ようやく長かったラパスからも脱出です。
結局、ラパスに何泊したんだろう…

12年前に12泊。
10年前に50泊。
今回は、10泊+12泊だったかな…?

最早、笑えません。

ラパス→ウユニの行き方

さて、ウユニ。

基本的に、ラパスからの行き方としては…

① 飛行機
② ツアーバス
③ ノーマルバス
④ オルーロまでバスで行って、列車

の4通り。

まず①は考えもせずに却下。ってか、ウユニに空港が出来たと聞いた時にはびっくりしたモノですが、案外、利用している人がいて、またまたびっくり。

②も値段を考えると、ほとんどメリットがそんなになさそうだったので、却下(良く利用されているのがTodo Turismo)。④も週4便しかない列車の日程と合わずに却下。

と言うコトで、やっぱりフツーにノーマルバスで移動になりました。

*写真、撮り忘れました。この写真、全くカンケーのナイ、コチャバンバのバスターミナル風景です…

ノーマルバスには、デメリットもある

ただラパス~ウユニ間のバス、それなりにデメリットも。

まずは盗難がそこそこの頻度である。
これについては預け入れの荷物じゃなくて、車内に持ち込んだ荷物が狙われる傾向があるみたい。
なので、まずバスはセミカマじゃなくて、もう1ランク上のクラスであるカマを選択。

そして、一緒の宿だった日本人旅人と一緒の便にして、隣同志にして、狙われにくくしました。

コレばかりはタイミングって言うのもあるので、絶対的に安全だとも言えませんけれどもね。

あと、バスが寒いと言うのもデメリット。
そして、悪路だと言うのも。

でも、カマにしたからなのか、バスにかなり厚手のブランケットが付いていて、寧ろ、暖かいぐらい。
ヒートテックを着込んでいた同乗の日本人は、寧ろ、暑くてどうしようかと思ったみたい。

そして、ぐっすり眠っていたので、ウユニに到着するまで、全く、気が付かず。
ってか、一緒のバスで移動した他の3人も、ウユニまで爆睡だったみたいで、ホントに悪路だったんだろうか…とすら。
12年前も、10年前も、同じ区間をバスで移動しているんですが、悪路だったと言う記憶が皆無。
ホントに悪路なんだろうか、この区間。

一緒の宿の人が、ツアーバスのオフィスに行った時、20人近くの日本人がいたみたいなんですが、そもそも、ちゃんと対策していれば、全然、ノーマルバスで十分な気がしてならない…

カマにしたからなのか、バスの中でも、WiFiも飛んでたしね、ちゃんと。
それでいて値段はツアーバスから比べると半額になる訳だし。

因みに、ウユニまでのバスは3社ぐらいはありますが、今回、利用したのはラパスのバスターミナルでも一番奥の方にブースを構えているCRUZ DEL NORTE。

パッと見るとカマに全然見えなかったけれど、中は案外、古臭いだけで、フツーのバスでした。
リクライニングもしっかりと効くし。

料金は120ボリ。でも、言い値は140ボリ。4人で行くから~♪みたいな感じで安くして貰いましたが、他のバス会社も130~150ボリだったので、このぐらいなのかも。

まぁ、時期にもよるんでしょうが。

因みに、軽食は付かないんですが、チョコレートとジュース付。

乗客の9割が外国人だった様な気がする…

無事に、ウユニ、到着!!

ひとまず、ウユニ到着。

予定より早めの到着でびっくり。
ってか、5時半とかに到着しても…と言う感じにすらなる。

で、アベニーダが開くのを待って、チェックアウト時間まで待って、ようやく部屋、ゲット。

ホントに、日本人だらけだなぁ…

因みに、ツアーバスはゆっくり走って来るので、フツーのノーマルバスの方が早くウユニに到着出来ます。
雨季は宿競争も激しいので、そう言う意味でも、ノーマルバスにして良かったかなって感じが。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください