ボリパーは出来ないから、ラパスで染色してみた

Sponsored Link

ラパス最終日。

チェックアウトしたら、宿のおじさんに、“?”みたいな顔をされてしまった…
まぁ、それだけ長かったから、仕方が無いのかも。
でも、“多分、戻って来るから~”と言ったら、不思議と納得されてしまいました(笑)。

今度はラパスで髪を染めてみた。

さて、ラパスの滞在中、どうしようかなぁ…と思っていたコトが1つ。

それが、“髪の色を染める”と言うコト。

1月にパラグアイのアスンシオンで髪を切って、その後に染めてから、1ヶ月強。

ちょっと落ちて来てしまったんですよね、色が。

要所、要所に白髪がチラホラ。
コレって、1回気になると、もう気になっちゃうんですよね。

しかも、染めた時に茶色にしたんですが、黒にはなっているけれど、確実に茶色とは言えなくて…

帰国までの足音が聞こえて来たので、染めるとしたら、これが最後のタイミングだけれど、まだそこまで白髪も目立たないしなぁ…なんて思ったんですが、やっぱり染めに行ってしまいました。

本来、ボリビアで髪を…と言うと、パーマをあてる人が多い(通称:ボリパー)と思うのですが、場所は同じ感じで、メルカド・ランサ近くの散髪屋街にて。

一通り、素通りしてみて、感じのいい店に入りました。
ってか、どうせそこまで店の大差はないだろう…とも思うので(染めるだけだしね)。

それにしても、この1年、タジキスタンのドゥシャンベで散髪タイのバンコクで染色パラグアイのアスンシオンで散髪と染色…と、海外でしか髪をいじってない…

世界一周でも何でもナイのに…(笑)。

さて、まずは色を選ぶ所からスタート。
好みの色と、おばちゃんのおススメの色とで迷いつつ、色が決まったら、早速、塗りたくられました。

塗ると言うよりも、練り込む…に近かった様な(因みに、実際に施術してくれたのが、後ろのおばちゃん(髪色の見本とにらめっこ中))。

しかも、その後、20分ぐらい放置になり、そこからもまた塗りたくられる(いや、練り込まれる)。
しまいには、パーマを充てる時みたいに装置を装着して、温かくされると言う念の入れよう。

逆に、どれだけ色が入りにくいのを使っているんだよ…とすら思いましたが。

30~40分ぐらいで出来上がるかなぁ…なんて思っていたのですが、軽く1時間をオーバーしてしまう程、念入り。

でも、出来上がりは、しっかりと色が入りました!!

これで50ボリ。

パーマは髪が短くて出来ない!!と言う人にも、おススメです。

ってか、ココまで念入りにやってくれるとは、全然思っていなかっただけに、その出来栄えに満足。

因みに、シャワーは無くて、お湯を桶ですくって洗い流してくれる感じなので、染料がもしかしたら残る可能性もあるので、気になる人は、最終日にやらない方が良いのかも。
一応、念入りに洗い流してくれたから、特に、問題は無かったですが。

さ、柄にもなく茶髪になった所で、ウユニに向かうぞ~っ!!

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください