睡魔と股痛に耐えてのラクダ乗り

Sponsored Link

寝ぼけながらラクダへまたがる

“ジャパニーズ!!!!!!!!!!”

の掛け声で朝は起こされた。

いや、正確には3時半ごろに1度、夜空を見る為に、起こして貰ったのですが、星空は期待していた程ではなくて、すぐに再就寝した感じ。

ほぼ新月の日を狙ったのですが、天の川が川に見える程じゃなかった。

ってか、しげさんもひとみさんもきしくんも、みんなほぼ起きていてびっくり。

ちゃんと皆、旅人しているなぁ…なんて、意味不明なコトを思ったりも(自分も旅人なんですけれどもね)。

んで、叩き起こされてすぐにキャメル出発。

もう“急げ!!”と言われまくったので、イラッとする位。

起きてから5分位しかなかったのに、その5分間で何回言われたんだろう…

ん?
朝食は?
朝日は見ないの?

ってか、4人も日本人がいるのだから、誰かちゃんとタイムスケジュール、知っておけよって感じだが、揃いも揃って誰も知らず(笑)。

それにしても、乗ったコトはあるといえども、久しぶりのキャメル。

だけれど…

こんな寝起きの状態では、全然、感動が湧き出て来る訳もなく…
いや、感動だけじゃなくて、興奮すら湧き出ない。

ただ出て来るのは、眠気だけって状態。

IMGP5688

ラクダ乗りには股痛が付いてくる

それにしても…

ラクダ。

近づくとかわいく見える。

でも、乗ったりすると、糞を漏らしているか、よだれを垂らしているか、繋がっている前のラクダにちょっかいを掛けているか…で、全然かわいくない。

しかもこのツアーでのラクダに乗っている時間は、2時間くらいなのですが、さすがに飽きます。

当たり前だけれども、風景は砂漠一辺倒で全然変わらないし、歩くのと一緒の速度でしか進まないし。

我々のラクダの先頭に天然キャラのひとみさんがいたのですが、ラクダから落ちるとかのボケをかまさないかなぁ…と思ってしまう位に、変化がない。

でも、その変化の無さが良い所なんですけれどもね。

そして、次第に股が痛くなる。
内股の所が、もう何とも言えない痛さ。
もうちょっと上の方まで痛さが来たら、ホントにヤバい。

足を延ばしたり、色々な姿勢をしてみたけれども、どうも内股が痛くなる方法は見つけられずじまい…

往復、ラクダに乗っている人の中には、内股が痛すぎて帰路はほぼ歩いている人がいる位のシロモノ。

まぁ、こればかりはどうしようもない。
ラクダ乗りシロートの我々には、防ぎ様がないモノね。

でも、キャメルツアーなのに、歩いているって、本末転倒過ぎる気がしますが。

IMGP5651

ツアーから離脱

朝食はラクダを降りてから町のホテルで。

バイキング形式でいっぱいメロンを取ったら、後の人のメロンがなくなってしまってました。

さて、ここでそのままマラケシュに戻る人と、バスでメルズーガーからフェズに向かう人とに別れる。
そう言う臨機応変な対応が可能なのは、有り難い所。

我々は隣の村まで車でそのまま送って貰い、そこで1泊しよう…と言う流れだったのですが、4人も日本人がいるのに、誰もまともに宿情報を持っていない(笑)。

他人任せにもほどがあるでしょって状態。

そもそもこのメルズーガーには、3か所くらいは日本人が良く行っていて、評判の良い宿があるのに、誰もちゃんとした情報を持っていない。

ま、そう言う緩さ、旅らしくて好きですけれどもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください